シーズン初戦

2018年02月14日

合宿していたバレンシア地方から南下する事、550km。

直線….

A post shared by Kohei Uchima (@koheiuchima) on

着いた所は、アンダルシア地方。
 

アンダルシア地方。

A post shared by Kohei Uchima (@koheiuchima) on

ここからシーズン初戦、ブエルタ・ア・アンダルシアが始まります。

 

日本ではJsportでの放送が予定されており、こちらでもユーロスポーツエスパーニャの取材も入っているので是非チェックお願いします。

スペイン@カルペ

2018年02月11日

チームプレゼンテーション後からずーっとスペインのカルペに滞在しております。

既にチームはシーズンインを迎えておりますが、自分はベース作りに励んでいるところです。

このような練習も取り入れ

レースへ向けての準備は着々と進み、シーズンインまで残す所あと僅か!!

レースが楽しみです!

チームプレゼンテーション

2018年01月16日

去年は1月4日に日本を出国。今年は少し遅めの1月9日出国。
ヨーロッパに戻って来てそろそろ1週間が過ぎようとしています。

さて、13日には今シーズンのスタートを飾るイベントが開かれました。

夕方から予定されているチームプレゼンテーションの前に、ファンライド!
急遽、岩田社長も参加して頂き自分がエスコート。

夕方から始まったチームプレゼンテーション、関係者やファンの皆さんが多く集まり凄く良い雰囲気で過ごせた、あの時間。

去年のチームプレゼンテーションから1年が過ぎ、またこの瞬間を迎えれて幸せです。
チームのFBページにその様子が公開されていますので、ぜひこちらも見て頂けたら嬉しいです。
NIPPO VINIFANTINI EUROPA OVINI FBページ
今シーズンへ向けて、気を引き締めて走ります。

2018シーズン

2018年01月12日

2018年に入り、数日が過ぎたところですが、イタリアへ到着したおります。

いよいよ始まる2018シーズン!!!

今日からチームに合流。

明日からいよいよ始動です。

毎年恒例の!!

2017年12月04日

今年も開催できましたー!!!!

1週間前の天気予報では雨という予想だったのでかなり不安に感じていました。

当日の早朝も雨が…..
しかし!!
スタート前には止み、気温も上がり、さらに太陽も顔を出す程回復しちゃったんです!!

スタートゴール地点となった
「かりゆしビーチリゾート オーシャンスパ」様のエントランスで記念撮影。

32人の参加者全員でまとまって、

目指した先は瀬底島です。

道路状況に合わせて、自転車走行可能な歩道も使ってゆっくりと

1時間半で目的地に到着。

伊江島をバックに記念撮影。

この後、スペシャルな記念撮影もあったりしました。笑

帰りは少し強めの風が吹き始めたのだが、この時期ならではの北風!
この風に乗って、ゴール地点まで快走。

トラブル無く、ゴール。

すぐにホテルの中にある
「暖流満菜」にてランチ&スイーツビュッフェを食べ、食後は抽選会。

写真は無いのですが、今シーズン使用したいろんな物。
レースのゼッケン等とプレゼントにも全力を尽くさせて頂きました。

かりゆし様からはタラソテラピーを体験出来る利用券、さらにオーシャンスパ ペア宿泊券、
をご提供頂き、参加者の皆さんもとても喜んで頂けたのではないでしょうか。

ホテルの皆様には合宿でも凄くお世話になっていますが、この日も本当にお世話になりました。

来シーズンも苦しい時はこの日の事を思い出して頑張ります。

Photo by 真栄田裕貴

帰国からのお寿司

2017年11月30日

イタリアでのトレーニングキャンプを終え、ローマからヒースローへ移動。

非常口座席を指定させてもらい、シートに着席するとクルーから色々説明を受けて「はーい!今日よろしくお願いします!」
っと気持良く会話して、ジャケットも上の棚へ。
小さい機材(A320)だと幅があまりないので、上に置く必要があります。

んで

昼寝。

気付いたら着陸(フライト時間2h)。

ジャンボの後ろ姿がいい!

2回目!ヒースローからハネダへ

JL便だとWifiが無料で使えるので、グループメッセンジャーで今日本向かってるー!
っと送ったところ….
「本国へ戻る予定」
っと返事。
少し時間を作ろう!
と空の上でインターネットが使えるメリットを存分に生かし、

ハネダ到着!

翌日、無事に合流。

ザ!日本が誇る寿司を食べながら、お互いの趣味と仕事についてお話しました。

お互い結構危ない仕事をしているので、こうやって会える時間を作れたのは本当にラッキー。
予約変更できるチケットは少し高くても帰ってくるものは大きい。そう思えました。笑

彼と別れた後、いよいよ沖縄へのフライト。

これがどうゆうわけか???
⬇️
こちらのフライトも非常口座席を指定。
隣に座られた方と「もし何かあったらどう手伝うのか?」について、ふとしたことからお話。
そこからいろんな話になり、
この柿の葉寿司を頂きました。

去年のこの時期、パリ線(復路パリ➡️羽田)で帰ってきた際も隣の方と仲良くなり日本到着した瞬間にお寿司ご馳走になったなーーー!
という事を思い出してしまいました。

なかなか機内で隣の人と会話する事ないので、凄く良い時間となりました。

パリ線…….

そう!パリ線!!!!

このフライトではもう一つラッキーな事があったんです!

僕が座ったのは11A、先ほど書いた通り非常口座席。
目の前にはクルーが座ります。

そのクルーさん、上記のパリ線の往路で乗務されていた方だったんです!!
食事のオーダー取りに来てくれたり、色々お話してくれたので覚えていてくれました(^^)

着陸前の時間でカミングアウト。
「実は…..飛行機マニアなんです!!」
そこから始まった会話が
クルー「どの機材が好きなんですか?」
自分「777!」
クルー「この機材!777-300なんです!国内線だと珍しいですよ!」
自分「そう!200ならこの席から綺麗に翼と景色が見えるのに、この機材だと見えないんです…」

かなりマニアックな会話でした。

本当は乗るはずではなかったこのフライト。

凄く心に残りました。

無事に沖縄へ到着。


まだまだ暑いです。

第一次トレーニングキャンプ完!!

2017年11月26日

メディカルチェック等をこなした後は、来シーズンの予定を1人づつ監督達とのミーティング。
だいたいの流れをチェックし、これから準備開始。

その為に行うトレーニング。

そのトレーニングの為に自分が今どれくらいの力か把握するテストも実施しました。


ツール・ド・沖縄以来の自転車、久しぶりに乗ると身体の重さが気になりますね…..

あと少し休まさせて頂きます(>_<) テストの前に皆で集合。
いろんなチームのジャージがあるのもこの時期ならでは。

GMのフランチェスコ氏も一緒に乗りました。

テスト後には日本でもお馴染み

DECCECO!!!


工場見学に参加^ ^

夜はオフィシャルな場で着用するジャケットのサイズを確認しに行き、


その後、夕食。
深夜まで楽しく過ごせました(No photo😀)!

翌朝、1人1人に「また次の合宿で!」
とサヨナラをして第一次トレーニングキャンプ、完遂!!!

12月、第二次キャンプが待っています^ – ^

第一次トレーニングキャンプ

2017年11月23日

今週月曜日からチームに合流。

第一次トレーニングキャンプが始まりました!

火曜日はメディカルチェック。

体組成測定、運動負荷実験や心臓のエコー検査などを実施。

去年は結構時間が掛かった思い出があるが、今回はスムーズに終える事が出来ました。

検査を終え、午後からは全員でチームミーティング。


一人一人自己紹介!

チームの方針、来年の目標等を確認。

ミーティングが終了した後、次は来年から使用するシューズのサイズチェック。

去年、このサイズチェックをしっかり行わなかった自分….
かなりスタッフにも迷惑かけてしまったので、今年は入念にチェック。
会社から来ているスタッフもしっかりと対応してくれ、懸念していた事も解消!

履くのが今から楽しみです。

という感じで終えたチームトレーニングキャンプ前半!

この後も続きます。

2018シーズン

2017年11月21日

2017シーズン、一緒にレースを走って来たNIPPO VINIFANTINI。
2018シーズンも契約契約更新することが出来ました。

来シーズンもヨーロッパの厳しいレースを走れることを心から嬉しく思います!!

チームのホームページ、是非ご覧になってみてください。

【2018シーズン情報】内間康平、伊藤雅和、中根英登と契約更新

毎年恒例の!

2017年11月18日

今年もやります!!!
毎年恒例となりましたサイクリング。
一緒に乗って楽しめるのは自転車ならではでないでしょうか??

今回もシーズン中に使用したいろんな物をプレゼントとして用意しております。
詳細は以下となっていますので、是非チェックお願いします。

日時:12月3日
スタート:8:00
場所:かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ(恩納村)
費用:昼食代:1500円
参加人数:20人程度
自転車:ママチャリ、ミニベロ、マウンテンバイク、ロードなどなんでも良いです。
保険:各自でかけてきてください。

レースでも練習でもないので、ゆっくり皆さんとお喋りしながら走れるスピードです。
保護者の方が一緒なら小学生も参加可能です。
コースは内間選手が考えていますので、その日の楽しみということで!
1時間から2時間走って、途中で休憩して「かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ」へ戻り昼食の予定です。
更衣室は借りていますので着替えも可能です。

昼食の間に、豪華景品がもれなく全員に当たる抽選会もあるので楽しみにしていて下さい。

参加申し込みは、中鶴のFACE BOOKメッセンジャーかメール
tomo@rakuri.com
へご連絡ください。

ツールド沖縄!

2017年11月13日

今シーズンは出場する機会はないだろうなー!!

っと思っていたのが去年のこの時期。

しかし!

急遽参戦決定!

チームのレースレポートです!

【ツール・ド・おきなわ】マリーニがスタートアタック! 内間康平が40位

優勝を狙って走りましたが、実際レースを走り出してみると他の選手とのコンディションの差に
「どうしたものか」

っと考えたのが、正直な所。

非常に残念な結果に終わってしまいました。

でも、やはりこの地元で行われるレースは一年の中でも凄く特別なレースだ!
っと今回改めて感じることが出来ました。

また来年、しっかりと調子を整えてリベンジ……

いや!!!それよりも!
ヨーロッパのハイカテゴリーのレースで活躍して戻ってきたいと思います!!!!

2017年も大きな怪我なく終われて何より。
応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました(^^)

また来シーズン、自転車ロードレースが盛り上がるようガンバって行きますっ!

今シーズン最終戦!!!!!

2017年11月07日

今週日曜日は!!

いよいよやってきた今シーズン最終戦!

そう!

ツールド沖縄です!

プロコンチネンタルチームが参戦するのは初!!!

体調は万全ではないものの、力を貸してくれる方々のお陰で出来る限りの事は出来ると思います!

ここで告知です!!!
レース後、アフターパーティーを企画させて頂きました!!!

日にちも少なく、既に打ち上げ等決まっている方が多いと思いますが、ぜひご参加していただけたら嬉しいです。

こちらが情報となります。

「NIPPO ヴィーニファンティーニ」 アフターパーティーのご案内
今週末に行われる沖縄本島を中心に行われます「ツールドおきなわ2017」ですが、大会 終了後並びにふれあいパーティー終了後に沖縄本島北部恩納村にございます 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパにて今シーズンの活躍を労い
「NIPPO ヴィーニファンティーニ」アフターパーティーを開催したいと思います。 当日はツールドおきなわに出走する選手のほか下記のようにスタッフも参加し、チームグ ッズのプレゼント企画等も予定しております。 最低開催人数として30名を予定しています(開催概要は下記のようになります) 皆様のご参加をお待ちしております。
日程 11月12日(日)18:30~
場所 沖縄県恩納村名嘉真ヤーシ原2591-1
沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ(ホール等は後日案内) 会費 4,000円 食事、飲み放題付き
定員 80名様
NIPPO ヴィーニファンティーニ参加者
●選手 内間康平、ジャコーモ・ベルラート、ニコラス・マリーニ、ピエールパオロ・デネグリ ●スタッフ
大門宏監督、西勉メカニック、坂本拓也マッサー、田中苑子広報
以上のように開催したいと思います。
申し込み先・・・ 下記連絡先に参加人数、代表者氏名、連絡先を記載してください
株式会社ティーシー(担当 川畑) メールの場合 cycle@tc-okinawa.co.jp FAX 098-861-0081

ツアーオブチャイナ2

2017年10月03日

レースレポートはチームのホームページをご覧になって見てください!

第一ステージ
スタートと同時に伸びた集団を上手く走り、11人の逃げグループに入ったこのステージ。
タイム差の情報が全くなく、超級山岳の入り口で後ろを見たらそこにはメイングループ!
「タイム差教えてよー」っと思いながら吸収。
登りに入った所で自分の脚と同じくらいのグループを見つけそこでゴール。

ホテルまでの移動は430km。

第二ステージ

この日の早朝、起床直後から「あ、ついに来たか….吐きそう」という感覚に襲われました。
そう。食あたりです。
昨晩食べたものに心当たりが!五つ星のホテルという事で油断してしまいました。

ホテルまでの移動は130km。

第三ステージ

総合に関係ない逃げなら行かしてくれるくれる。
という噂を聞きつけ、逃げにチャレンジ!
しかし、あと一歩というところで入りそびれ、結局その逃げを捕まえる為にラスト20kから全開ローテーション。
タイム差的にこれはかなり厳しい!!!
と思ったが、逃げグループが牽制に入ってくれたおかげで無事に吸収。

ホテルまでの移動は410km

第四ステージ
スタートと同時に畑中選手含む数人がすかさずアタック!
それで逃げは決まり、いつもと同じように50km/hほどでメイングループは巡航。
これは逃げグループにはチャンスはない。
今日はゴールスプリントだな…..

と考えながら走る。
最後に位置取りを手伝うも、「このアシストはあまり役に立ってないよなー」
と自分で思うほど微妙な走り。
結局ゴールスプリントでステージが終了。

このステージの後は移動なし。

翌日は
早朝バスで駅まで130km程移動。
スーツケースをゴロゴロ押して駅を移動。

高速鉄道で1000km先にワープ!

駅に到着後、再びバスでホテルへ1h30min。

チャイナ1のバスで1000km移動した事を考えると幾分楽な移動日でした(^^)

いよいよやって来た最終ステージ!!!!

今日こそ勝つぞ!!!
と皆で意気込んでスタート!

リーダーチームであり、このツアーを同じバスで移動して来たアンドローニと利害が一致したこのステージ。
協力して集団をまとめ、ゴールスプリントに持ち込むぞ!
という作戦!

書くのは簡単だが、実際はかなり厳しいものだった。
1 逃げは7人以上は行かしてはならない
2 スプリンターを抱えるチームを行かしてはならない
この二つを最重要項目としていたが、当たり前の如くアタックを繰り返す1、2。

ようやく決まった〜ー!!!!
と思うも別のチームが追いかけ吸収
「No…..」という言葉が出かけるが、その暇を与えないアタック合戦。

中間スプリントを狙ってスプリントしていく選手。
さらにその後を狙ってアタックしていく選手。

これが

少し大きめの逃げを作ってしまった!!!!!!

しかし、そこにはチームのスプリンターも入った為、自分達チームは問題なし。

だが、アンドローニは…..

リーダーが横にいる….

そこから彼らは地獄の始まり。

その働きの甲斐もあり、無事に吸収。
再び5人ほどが先行。

という事で、ここから再び自分の仕事がスタート。
上手く前との差を縮めながらコントロール。
最後の仕事と考えていたのが、追い風区間で自分の全力を使いきり集団を引き延ばして後ろの選手を苦しめる!
その瞬間が来た時、ここぞとばかりに踏んでみました。

なぜかこの瞬間、日本人トレインが出来上がっていたのは偶然だろうか?

踏み切ってメイングループから離脱。

長かったツアーオブチャイナが終了しました。

ツアーオブチャイナ1

2017年09月17日

8日に日本を出発し、10日から始まったっこのツアー。

レースもハードだが、その移動もかなりのもの。

北京に着いてからほぼ毎日移動の連続!

1日の移動最長距離は1000km。
8日から昨日の移動距離は軽く3000kmを越えていますが、それでもこの国の面積からしたら少なく思えてしまう。

中国という国の大きさを実感しています。

レースはというと、成績が残せていませんでした。

しかし!

最終ステージでエドワードが2位に入り、良い雰囲気が戻ってきています。

明日からは

ツアーオブチャイナ!

2!!!!!

頑張ります!

ベルギー4連戦(2戦目)

2017年08月30日

第2戦目
ドライヴェンクルス-オヴェライス

再び逃げのオーダーを受けてスタート!

今日はスタート地点が0km地点。

なのに、並ぶのが遅くなり真ん中からスタートとなってしまった。
このレベルでここから上がるのはかなり厳しい。

スタートと同時に一気にスピードが上がる。

狭い道、急な登りを越えると一列に伸びたメイン集団。
さらに狭い道に入り、石畳も加わった所で分断。

まだ7km地点。

こちらにもかなりの選手がいたので、すぐに追いついて前を見ると既に逃げグループが出来ていた。
いつもなら落ち着く集団だが、再び先ほどと同じ道に戻って来るとペースがどんどん上がる。

次は一応メイン集団でクリア。
さらにもう一度。

ここでは遅れてしまうが、他の選手と追いかけ合流。

次は別のコースへ。

ここではさらに厳しい石畳、登りが含まれていた。

まだあと90kmはあるのにだいぶ人数も減って来た。
走りやすくなって来たが、自分の足も怪しい…..

ここでチームメイトが落車。

他のチームメイトと共に復帰を手伝う。

無事にメイン集団へ戻した所で『ボトルを取って来てほしい』
とのお願いを受け、チームカーへ。

ボトルを取り彼の元へ戻って行く途中「結構足にきているな。」と強く感じる。
そこへやってきた登り!!!!

まさかのここで遅れてしまうという!(もらったボトルはまだ渡せてない!!)

かなりまずい

オーバーヒートになる前にペースを緩め、下りに入った所で再び全開!

なんとか追いつき、そのまま彼のいる位置まで踏み続ける!

ここで再び登りへ!!!!

あと1m!!!
もはやオーバーヒートなるまで踏み続けてしまえ!!

ここでなんとか追いつき、ギリギリ渡して!!!
自分はレースからグッバイ。

その時チームメイトから「水じゃなーい!!」

という無線の声が…..苦笑

すまん….

もはやどうしようもない…..
と思いながらメイン集団を見送った。

ベルギー4連戦(1戦目)

2017年08月30日

第1戦目のDruivenkoers-overijse

約2ヶ月ぶりのレース。

この緊張感はやはり独特。この感じがあるからレースはたまらない。
自転車という乗り物も大好きだが、この感じがそこにプラスされると…….

スタート地点から0km地点(この地点からレースは始まる)はニュートラル区間。とは言ってもアタックのオーダーを担う選手がここぞとばかりに前へ!前へ!と来るので熾烈な位置取り争いが既に始まっている。

少し後ろに追いやられてしまったが、悪くはない。
フラッグが振られると同時にアタックが掛かり、50km/h以上で突き進んで行くメイン集団。

自分もアタックに反応。
さすがは自転車王国ベルギー。
後ろに付いて反応するだけでも、1000w(62kg)を軽く超える。
数回反応するだけで、結構な負荷。そしてどんどん前に上がって来る他の選手に埋もれ、後退してしまった。

高速で進む集団で前に上がるのはかなり厳しい。さらには道は狭く、前に上がるスペースは無い。
さらに真ん中で落車があり、ブレーキの焦げる独特な匂いと道に転がる選手と自転車。

数人が飛び出し、スピードも落ち着いた所で体を休める。

再び後半に向け、スピードが上がり始め石畳を含む周回へ突入。
かなり狭い農道をハイスピードで駆け抜け、石畳へ!

とその前に30番手ほど前で落車。
さらに伸びていくメイン集団。

石畳へ突入すると集団は遥か彼方…..
さらに至る所で落車が発生。

遅れた選手達と走ってると、一瞬で規制が終了。
自分のレースも終了となってしまった。

石畳区間でチームメイトも落車に巻き込まれており、彼は手首を折ってしまった….

九月のレースで一緒に走る予定だったが、それも難しいだろう。

レースには怪我が付き物だと改めて実感!

ベルギー4連戦

2017年08月22日

いよいよやって来た!!!

復帰戦。

チームに戻って来たこの感覚はやはり良い!!!!

明日から4戦が始まります。

まずは
GP Stad Zottegem
公式サイトはこちら

二ヶ月ぶりのレースということもあり、若干の不安は感じますが、少しでも早く感覚を取り戻せるように
集中して走っていきます。

イタリアへ

2017年08月19日

7月中から始めたリハビリ走。

完治という報告をした後から、チームのトレーナーからもらったトレーニングメニューをしっかりこなし、ようやく戻ってこれたイタリア!

前回滞在していた所が夏休み中なので、違う所に来ています。

チームメイトの窪木、小石。

そして研修生の西村。

今いる所も家族で経営しているアグリツーリズモ。
田舎に泊まろう!という感じのところ。

ザ!イタリアのママ!
凄く面白く、西村のイタリア語がどんどん上達して行くのを感じる。

Guriato!!!!

2017年08月01日

ファンの皆様へ

治ったよー!!!!!!!

ちょっとおさらい。

全日本後撮ったCT画像。

黄色い線で囲ったところが負傷部位。

折れてますねー。

こちらはエコーで撮った画像。

ポキっと。

「あまり無理するとくっ付かなくなるから気をつけるように!そして肺に負担はかけぬよう….」
というDRの言葉を守ったおかげで、

これが今現在の写真。

肺に白く見えていたのも綺麗に消え、折れた箇所の周りには囲む形で骨が形成されたおります。

太くなった肋骨。

触ると実感するくらい!(^^)

早くこのバイクでレーススピードで駆け抜けたい!!!!

脚はこんな感じですが、

正直、体の方はレースを走れるレベルではまだありません。

8月下旬からの復帰戦へ向けて追い込んでいき、9月!10月のレースは全開で駆け抜けていこうと思います!

心配してくれていた皆さん。

また応援してくださいね!!!

外へ!

2017年07月12日

ワットバイクでのトレーニングをこなしていましたが、
昨日からバイクに乗り始めました!!!!!

16日日ぶりのバイク。

まず最初に感じたのが、まっすぐ走れない!!!
初めてロードバイクに乗った時の事を思い出してしまいました。
最初乗った時、フラフラしましたよね???

昨日は2時間、ゆっくり。

たったの2時間でしたが、思っていたより脚が回らず「やっぱりそうだよなー」
っと考えながら走っていましたが、一番感じたのは体力が落ちている事やバイクテクニック!

ではなく

やっぱりロードバイクで外を走るのは最高に気持ち良いし、楽しい!!!

心からそう思える物を道具とする仕事を出来るなんて、どんなに最高なんだろう。
と思いながら走っています。

 さて!
折れている肋骨の具合を見る為、今日の午後エコーで折れた箇所をチェックしてもらいました。
先週は深呼吸で折れた箇所が動いてるのは確認していましたが、1週間でどうなったか??

結果は

周りにある血がしっかり働いてくれて、新しい骨が折れた箇所を包み込むように形成されて来ているのを
自分の目で見て確認できました!
肋骨はあとちょい。

けど、『肺はまだ時間かかるから、今無理しないように』

っとの事。

しっかり治していこう!

2週間、経過

2017年07月10日

ようやく体を動かせるようになりました!!

外に走りに行くのではなく、那覇泊港そばの……

とまりん!の中にある

かりゆしアーバンリゾート那覇!

この中のジムには
こんなものがあるんです。

先週の土曜日から通い始めましたが、体を動かすのは本当に気持ち良い!
今はまだ運動のレベルも軽いところでしか出来ません。

というのも肋骨の骨折はズレて折れているわけでもないので、良いのですが…
肺挫傷は肺が傷付いてるということもあり、激しい運動はNG。
目安でいうと喋りながら運動できる強度でなら運動はOK。
さらに、今は飛行機にも搭乗出来ないという制限まである状況です。

呼吸器系はしっかり治していかないと考えてるので、しっかりドクターの言うこと聞いて
早く治し、復帰に向けて頑張って行きます。

実は初めて

2017年06月30日

ニュートラルスタートを終え、レースがスタート。

1回目の登りを終え、少し長めの下りをメイングループ前方で下る。

時速60km/hというスピードは普段のレースでも軽く出るスピード域、何も問題はない。
普段は……

しかし、今自分のすぐ目の前では自転車と選手が転がっていく…….

いつもレースの情報等を見られている皆さんは既にご存知の通り、
先週25日に行われた全日本選手権でスタートしてすぐの下りでクラッシュに巻き込まれ途中でリタイヤ。

こうゆうクラッシュでも普段はうまく避けれていたのだが、今回は近すぎた!
前の選手に突っ込み、一回転して着地。

「あー先週に続いてまたか…」
っという考えたが、すぐに「メイングループに戻らなくては!」

という考えに切り替え、自転車を受け取りすぐに追いかける。
その前に道路の反対側に飛んでいったサングラスを西メカニックに
「サングラス回収お願いできますか?後で受け取ります」とお願いしてスタート。
サングラスないとスピード出した時、目が辛いですからね。

なんとか追いつき、すぐさまチームメイト達に状態を報告。
『この後〜〜してもらえますか??』とオーダーを受け、「オッケー!」
と伝え距離をこなしていく。

が、しばらくして脇腹に感じていた痛みがとんでもないレベルに達してしまった。
その瞬間、一瞬でレースを降りました。

チームのテントまで戻り、レースを走っているチームメイト達がどんどん厳しい状況になっていくのを
見てるだけの自分。

力を彼らの為に使うことなくレースから去ったのが何より残念。

レースを終え、沖縄に戻りレントゲン検査、CT検査をしたところ。
肋骨骨折、さらに肺挫傷という診断が下りました。

今回が何気に初めての骨折!!!
八戸の病院では『ヒビでしょうね』と言われた後、

「いやーこの痛さはヒビじゃないでしょ!ポキポキ聞こえるし…」

っと思っていたので折れてると聞いた時は「やっぱりね」

っと思ってしまいました(笑)

まあ、あのクラッシュに巻き込まれた他の選手の怪我と比べると大したことない怪我です。
他の選手の怪我が早く良くなるように…….

痛みもだいぶ治まって来ていますが、今無理してしまうと良くないと思うので、来週まで我慢。

早くチームに復帰出来るように一日一日大切に過ごしていこうと思います。

今年は青森にて

2017年06月23日

6月23日

今年は青森で迎えることになりました。

この日は沖縄にいる人にとっては特別な日。

沖縄戦があったあの時。

そして、組織的な戦闘が終結した日。

子供の頃は毎年、この日が近づいてくると平和学習としていろんな話を聞いたりしていました。
さらに今は置いてあるか分からないけど、いろんな沖縄戦に関する本がありました。
戦争の怖さを知るのはそれだけで良い。決して体験してはいけない、これからもずっと。

この日を迎えるとその気持ちは普段以上に高まります。

さて!!!!!

いよいよ明後日は日本で一番速い男を決める日!

全日本自転車競技ロードレース選手権。

伊藤が離脱していますが、しっかり皆で力を合わせてこのチームで一番を勝ち取って来たいと思います(^^)

スロベニア②

2017年06月21日

いよいよやって来た今大会最難関ステージ!

最後は標高1400mまで登る頂上ゴールだ。

こうゆうステージこそ!逃げグループに入り先行したいとこだが、それは皆同じ。
激しいアタック合戦の末に数人が先行。

メイングループで様子を見ながら走って行くと、80k地点の登りで遅れてしまった….

「まずい….まだ半分しか来てないのに遅れるには早過ぎる」

監督『ちょっと遅れるには早いぞ!』

オールアウトにならないよう登っていくと、カベンディッシュのいるグループまで戻る事が出来た。

そこからはグルペット定番のハイスピードダウンヒル!

半端ないスピードで攻めまくる。笑

次の登りへ突入。
登りはペースでこなすのが、グルペット。

そして、再びハイスピードダウンヒル。

先程と同じように一列棒状でハイスピードコーナーをいつものように「あらよっ!」
っと曲がると…..

凄い勢いで地面に叩きつけられた。

滑る感覚も何もなく。
「ああ…これは砂利踏んじゃったか」

自分が転んだちょっと後に同じ転び方でまた一人クラッシュ。

自転車選手の変わった所は、すぐに立ち上がり走り出す所。

アドレナリンが出てるおかげ走れるんです(^^)

幸運な事に自転車にはほとんど損傷は無く、メイングループまで追いつけた。
追いついたと同時に再度登りに突入。

ドクターカーに傷口に水をかけてもらいながら、グルペットに合流。

そのグループで最後まで走り、最難関ステージをゴール。

レース後、夕食まではあまり痛みを感じなかったので、全然明日も行ける!

っと思えたのは寝る前までだった。

夜中に痛みで起き、ほとんど寝れずに朝を迎え朝食へ。

そこで、監督に昨夜の事を話して相談した結果、最終ステージはスタートしない事になった。

かなりのスピードでの落車だったので、やはり甘くは無かったか…..

とにかく今週末の選手権には調子が戻るように努めて行きたい。

スロベニア①

2017年06月20日

ツアーオブスロベニア初日

スタートし、10k程で始まる登り入り口では既にチームメイト含む逃げが先行。

メイングループのペースは落ちるが、それでも自分のコンディションがあまり良くないのか脚が重たい….

ダミアーノに相談すると、『選手権までに調子が戻るように走れば良いさ!』

っとアドバイスを受け、とにかく脚を回して距離をこなしていく。

ラスト5kで遅れてゴール。

2日目

昨日で感じた調子の悪さは監督にも伝えてたるので『もし調子が戻ってれば、逃げに反応するよう』
っと話をし、スタート。

が…..
調子は以前として悪いままである。

この日はサンティーノ(サンタロミータ)が逃げに入った。

100k地点にある登りでバーレーンメリダがペースを上げた所で20人程のグループで遅れてしまった。

25k程かけて追いついたが、ペースが上がると同時に急激に天気が悪化。

レースではいつもクリアレンズを使用する自分。
降り出した当初は「ラッキー!」
っと思ったが、すぐにそれは消え去った。

あまりに大雨過ぎて、もはや前は見えない!

ハイスピードで一列棒状の状況では、目の前にいる選手を信じるのみである。

雨が収まり、前が見えるようになるとメイングループの姿は跡形もない……

グルペットでゴール。

明日は山岳ステージ。
調子が良くなるよう可能な限りを尽くしていきたい。

スロベニア

2017年06月13日

ツールドスロベニアに参戦するため、明日の朝イタリアから移動!

毎度の事ながら、陸続きで国を移動するのはいつになっても不思議な感覚。

さてさて、スロベニアといえば2011年にも実は来ているんです。

ダンジェロアンティヌッチィ ニッポでね。(懐かしい名前です。)

その時にも参戦したこのレース。
あの時の事は鮮明に覚えています。
第二ステージをスタート、最初のアタック合戦で前の選手が斜行。

フルスプリントしていた自分の前輪を彼の後輪が重なり…….

盛大に転びました。(リアルスタートして4km…..)
おかげで知らない国の病院で二泊三日。

その後、2週間ほど自転車に乗れない生活が続いたあの年。

そんな経験をしたレース。

今回はリベンジです!!!!!(^^)

GPカントン・アールガウ(UCI1.HC)

2017年06月10日

レーススタート時間は昼2時半。

スペインのレースか???
と思ってしまう時間帯でのスタート。

この時間だと朝の行動もいつもと変わり、朝食は軽め(少しのフルーツ、ハムやチーズのみ)に済ませ昼前にパスタやコメを食べる。

パスタかコメ派で分かれるが、どちらかと言うと自分はコメを食べる。
日本人だからか?というかコメの方が腹持ちが良いような気がするからであるが…….

そんな午前を過ごし、いよいよレースが始まる。
ミーティングでは逃げに乗りたい(いつも言っているが…)
っと話し合い、去年出場したアランからコースの特徴などを聞き(周回コースで、去年はスタートした瞬間大人数の逃げが決まったらしい)早めに準備を終わらせ、ウォーミングアップとコースの下見。

スタートしてすぐの登りはそこまできつくない。が、きついかきつくないかはペースで変わってくるのもである。

とにかく前でスタートしなくては!と考えスタートラインに一番最初に並んで上手い事スタートすることが出来た。

スタートと同時に二人が飛び出していく。これはまだ待ちでしょ….と思っていると、プロツアー勢が蓋を閉めてしまった。
まさか1dayレースでこうゆう展開?この後ツールドスイスに出場する選手が多いからか…..

どうにか火がつけばこの状況を崩せる!と思うも左側で無理やりこじ開けて飛び出して行った2人が最終便。

逃げに入るチャンスは失った….

今日は周回コースだし、ポイントを抑えれば前で位置することは可能。
と考え、すぐに切り替え!

まず1周目はコースのポイントをしっかり見ながら走り、ある程度考えをまとめ2周目からは実践。

結構思っている以上に良い感じで位置取りをこなせていく、中盤から徐々にペースが上がり「そろそろかな?」と思い始めるとラスト4周の登りでBMCがペースアップ。

この登りの前にチームメイトを連れて彼らの後ろまで上がっていたので、「思った通りに行けてる!」

と思ったが、頂上まで後少しというとこで一気に脚が来てしまう。

その一周を終え、次の周はあまり無理せずこなして行こう。と思っていると!

登りの入り口でチームメイトから『ボトルを持って来て!』っとの指示。「今か!さっきの平坦で言ってくれたら助かった!」っと思うもしょうがない。

急いで取りに行き、すぐに戻るもほぼ一番前まで行ってしまってる!(苦笑)

最後尾から一番前……

ここでこの日一番のミス。
もはや登りに入ってしまったので、今思えば無理せず後方で登りをこなす➡️頂上過ぎた後の下りでボトルを渡す。
という手順を踏めば良かったものの、「今渡さねば!」という考えが先行してしまい、無茶苦茶な走りをしてしまった。

結果
ギリギリのところで彼の場所まで上がれず、ズルズルと後退。千切れる瞬間に他のチームメイトにお願いしてグループから離脱。

あー…..

良いレースで、良いコンディションだったので結構張り切って走っていただけに凄く残念でした。

この後、急いで片付け⇨イタリアへ帰国。
やっぱイタリアは良いな!!!!

そう思える国に滞在できてるのは本当に良いことだ!

GPカントン・アールガウ(UCI1.HC)#GPGippingen

2017年06月08日

ハンマーシリーズを終え、月曜日ベルギー➡︎イタリアへ移動。

着いてすぐに1時間程トレーニング。
夕方、そして少し雨降っていたけど、移動の後はなるべく身体を動かした方が翌日の為には良い。

昨日は3時間程、トレーニングをこなし…….

今朝スイスへ車で移動!

朝8時にスタートし、着いたのは昼3時前。


結構時間かかりました。

と言うのも!

こんな所まで来たから!

スイス突き抜けて、ドイツまで来てしまいました。

明日は比較的難易度は高くないコースレイアウトですが、来ているチーム。
さらにこの後控えているツール・ド・スイスに向けてコンディションを上げてる選手が多いはず!

なので厳しい一日になるでしょう!

ベルギーツアー。まとめ(チームのブログ引用)

2017年06月01日

毎日、昼12時過ぎにスタートしていたベルギーツアー。

とにかく、観客!

そして

気温が高く暑かった!!!!!!

それが何よりも衝撃だったベルギー。

寒いと思っていたから持って行った冬物は必要なしでした。(良い事!)

レースについてのまとめは

⬇️🔽👇!!!!

【バロワーズ・ベルギーツアー/まとめ】自転車王国ベルギーを巡る超級ステージレースに内間、小林が出場!

月曜の朝、イタリアに戻り少し休息。

今日からオランダへ。

初開催となるハンマーシリーズ!!!

一体どんな展開が待っているのだろうか。

JSPORTでの生中継、ぜひチェックお願いしますっ!

フランドル&ワロン地方

2017年05月23日

今朝のフライトでベルギーへ移動。

昼からトレーニング。

軽く脚を回し……

明日から五日間!!!!

かなり厳しいレースになる事間違いなし!

ベルギーのHCクラス!

頑張るぞ!!!!

レースの詳細はチームのページを是非ご覧になってください。

【バロワーズ・ベルギーツアー/事前情報】ベルギーの難コースが連続する超級ステージレースに内間と小林が出場

ステージ5!!

2017年05月08日

ステージ5

「もし可能ならば逃げに乗れ。」
さて…..

どうしようか?
と思ってスタートラインに並んでると、後ろにいた窪木から
「スタートアタック!」っとジェスチャー。

うーん…..
実は去年もこのステージではスタートアタックしたんだよなー。
あの時は決まらなかった…..

数分迷った結果。
アタック。

※レースの公式facebookページより

昨日は散々アタック合戦が続いたからみんなもうウンザリしていたのか???
6人の逃げが決まったー!!!!
とりあえず今日は最後の周回コースからが勝負だ。
と考えながら距離をこなし、48km地点の折り返すまでは追い風もあり平均時速48km/hでローテーション。
帰りは……

そんなこんなで周回コースへ突入。

それまでは仲良く先頭交代していた逃げは数回分裂、二人が飛び出して行き、僕らはラスト3周でメイン集団にキャッチ。
捕まった瞬間、メイングループから数人アタック。

それをまとめるべく前を引き、とりあえず全員引き戻したところでメイングループから遅れた。
最後まで残れなかったのがまだまだと感じたが、上手く逃げに乗れたのは凄く良かった!

チームメイト全員が力を合わせて全力で戦えたツールドアゼルバイジャン。
応援ありがとうございました!!!

ステージ4!!

2017年05月07日

いよいよやってきた第4ステージ!
今日は後半ひたすら山登り!

と言うことでサンタ、デネグリ、中根で勝負だ!!!
自分は最初に少人数の逃げを行かし、後はリーダーチームと共に山の麓までコントロールに入るようオーダーを受けスタート!

後半厳しい登りが待ち構えている本日。
皆逃げたがり、ひたすらアタック合戦!!!!!!

続くこと70km……

なんか、みんな「もう行ってくれい….」っと言う雰囲気になりようやく、

3人の逃げが先行。

そこから予定通りリーダーチームと共にコントロール。

山の麓でペースを上げ、その後は50人程のグルペットでゴール。
チームとしては予定通り

明日が最終日!
最後の周回コースは決して簡単なレイアウトでは無いので、気を引き締めて!
チームメイトの個人総合&ステージ優勝を目指して頑張ってきます!

ステージ3

2017年05月05日

今日は逃げるか、それか….
メイングループを引くか。

後者はオーダーとして言われてないが、もし入らなければそうなるだろう。
と思いながらスタート。
去年は一瞬にして逃げが決まったは今年は???
なかなか決まらない。

だいたい逃げたいと考えてるチームが交互に行くのでそれを上手く見ていけば良い。
それを何回も繰り返して行く。
彼らの後ろを上手く回り込んで行くが、何回も繰り返して行くと疲労も積み重なる。

30分を過ぎてくるところで若干騙し騙しチェックして行く。
5人が15秒くらい先行。

この差は微妙なところだ。
後ろから追走がかかるが微妙に追いつかない。

ここで!西園さんがスルスルと抜け出して行く。

これが最終便。

結局のところ……
逃げには入れず後者であった。

リーダーチームと一緒にコントロール開始。
しかし……

リーダチームは退散。

そこからはプロコン3チーム(3人)でコントロール。
3対6…..

んー。
結構きつい一日になるかもな。
と思っていたが、意外と差は縮まって行く。
前も前でラスト30kmでペースUP。
これは想定内。
早く捕まえ過ぎても後が大変だからね。

微調整を繰り返し、残り8kmで吸収。
足の揃ったコントロールのおかげで思った通り吸収出来て良かった。

さて

この足を前で使えるように明日もチバって行きましょうかね(^^)

ステージ2.

2017年05月04日

第2ステージ
186km

もし可能であれば逃げに入ろうか。
とオーダーをもらい
スタート!

可能であればと言われたが……

自分としては必ず乗りたい!!今日のコースは先行して後ろから追いつかれた方が良い!
と思いながらアタックをチェックして行く。

しかし、逃げには乗れず……

窪木と中根が30人ほどの先頭集団に入り、そこに乗せれなかった他チームがメイングループを引く。
微妙な横風も手伝い、速いペースのまま1回目の登りへ突入!!
案の定、メイングループも分断。
周りにいる選手の数も多いし、これなら追いつくだろう。
考えが甘かった….
あー!!!!
後ろに取り残されてしまった!!!!!!

そこで実質レース終了。
50人ほどのグルペットの出来上がり。

やる気のないグループに痺れを切らした15人程で飛び出し、前から落ちてきたメンバーを吸収しながらゴール。

あの力を前で使いたかった…..

明日にぶつけてきます!!!!

ステージ1

2017年05月03日

148km

平均時速48km/h、NP271wで駆け抜けたツールドアゼルバイジャン第一ステージ。

日本人の中では「親分」と密かに呼んでるデネグリが集団スプリントでステージ3位!
大会オフィシャルFBページより!

今日は「可能ならば逃げに乗れ、でも昨日移動したばかりだし、あまり無理せずな!」
とオーダーと受けスタート。

最初のアタック合戦は何となく今日一回しかないGPM(上りの頂上に設定されてるポイント)
ここを通過するまで決まらないだろうなー。

と考えあまり派手には動かず見ていく。

そこを通過した後、確かに逃げは決まった。
ちょっと動くの遅かった….反省。

その後は集団スプリントの手伝い。
その結果デネグリがステージ三位となったわけだが…..

うまく手伝えたかと言うと…..

とにかく!!

明日は厳しいステージ。

頑張っていきます!!

明日からツールドアゼルバイジャン!!

2017年05月03日

今朝のフライトでイタリア ミラノ マルペンサを11時にTAKE OFF!!!

飛ぶこと4時間半。

レースは明日からスタート!

ナンクルナイサ〜。

という冗談は置いといて!

しっかり苦しんできますよ!!

応援お願いします!

OKA→HND→LHR→LIN

2017年04月26日

このタイトルでピンときたら僕と話がきっと盛り上がると思います。

さて!手元からお出かけしていたパスポートもようやく戻ってきてくれたおかげで、イタリアへ!!!!

今回はイタリア発券チケットを買っていたので、この区間は復路になります。
イタリア発券の良いとこ!!

予約の変更がいつでもできる!!
席が空いてれば….

購入した時は余裕で空いていた席も、この日はど満席!!!!!

まずは朝一番のフライトで羽田へ!(家を出たのがちょうど朝6時)

隣の方がブツブツ独り言を言う変わった方だったのは置いといて….
このフライトで三人の知り合いに出会ったという。
まず、一人目はチェックインしていたら声をかけてくれた高校時代の顧問の先生!
このタイミングで再会!まず、感動しますよね?

二人目!
隣の席に座っていた方で、羽田に着いた後、後ろから『内間さんですよね??』っと声をかけてくれた方!

三人目!
沖縄国際映画祭の舞台挨拶を盛り上げていたであろう、某美人RadioDJ/MCさん。
後ろから肩叩かれて驚いたからか?凄い変な声出してしまったじゃないですか….笑

皆様、声かけて頂きありがとうございました。

という時間を過ごし、すぐに国際線ターミナルへ移動。

昔はこっから成田へ!という移動パターンがほとんどで羽田に国際線が出来て本当に便利になったなー。
と実感。

おかげで乗り継ぎ時間がだいぶ短縮出来る。

次のフライト!
ザ!ど満席のロングフライト。

事前に非常口を指定したので、

悪くない。両方の方々も良く飛行機に乗られているような方だったし。
この場所、結構人が集まる場所でもあるんですよね。

特に印象に残ったのが、5歳くらいの子とクルー(多分、昔はBAで働いていたであろう方)の会話。
この子、家族で世界グルグル回っているらしく、いろんな都市の名前とか12月はオーストラリアにいた。
といった話をしながらクルーは「747って知ってるかい?JALは今持ってないけどおっきい飛行機があるんだよ。」
「カンタスとBAはまだあるけど」

とか

「今はA380ってのもあるぜ!あれはスーパジャンボだ!」
と会話からこの人絶対に前はブリティッシュにいただろ!と感じる話を子供としていて、こうゆうキャラのクルーはJALでは珍しいなーと思うことがあったり….

その後、ある出来事をきっかけに数人のクルーとお話。
すると!

一人毎年ツールドフランスを観に行っているという方がいてビックリ。
色々楽しく話して盛り上がりました(^^)

ヒースローに降下していく間も前に座っているクルー(スペイン、カタルーニャ出身)といろいろ話をするうちにヒースローへ着陸。
JALだけど、なんか国際色豊かな(まあ国際線だし)凄く良いフライト!(^^)

楽しかったぞ!

さて、JALはターミナル3に到着。
BAのフライトはターミナル5。

ちょっと急ぎ足で移動。

この空港、結構混むんで余裕こいてゆっくりしていたら乗り遅れる可能性も無きにしもあらず。

注意!

まあこの日は理由があって急ぎ足にしたんですが。

寄り道。

次のフライト!!!

BA!

搭乗率7割くらい?

真ん中開けてくれたおかげで快適なフライト!

BAのヨーロッパ線、飲み物も全て有料化になっていた!!!
ポンド、高くないかい?

空港で買ってきた方が良いかもしれない。

そんなこんなで無事!
イタリア!ミラノ リナーテに到着。

沖縄で預けた荷物も無事に到着!

グランドスタッフさん、手書きで自転車って書いてくれてました(^^)
ありがとうございます。

滞在するホテルに着いたのは日本時間 火曜日 朝6時!

ちょうど24時間経過していました。

まあ、沖縄からですからね!
悪くない!

ちなみに昨日1日の歩数と歩いた距離はこれくらい。

移動の時って結構歩くんですよ。

ツアーオブタイランドST Final.

2017年04月07日

最終ステージ
17835083_794951737323616_7687820910030237636_o
昨日のステージでは総合逆転をかけて走った。しかし結果はバラけず集団ゴール。
そしてこの最終ステージ。
総合上位の選手は秒差での争い、スプリントポイントまでもかなり激しくアタック合戦が予想されている。

チームとしても総合3位に位置しているアランを一つでも上の順位に上げるべく、スプリントポイントを狙っていく作戦でスタート。

もし関係のない逃げが決まってしまえば、それはそれでしょうがないか。っと思っていたが、実際にはそうはいかなかった。

常にアタック、
17492323_794947220657401_709570468633032297_o
アタック。
17814657_794950283990428_7172068899443976586_o
逃げが決まりそうになってもどこかのチームが振り出しに戻す。
という感じでレースが進んでいく。

そして、この日は今までで一番調子が悪いステージとなっている自分。
17758451_794949830657140_8197401290108572292_o
なんてこった……

っと思いながらも後半少しでも調子が戻るように願いながら走る。

スプリントポイントを通過、アランはボーナスタイムを獲得出来なかった。どうやらポイントを間違えたらしい。

そのあとは…….

一気に皆沈黙。

逃げが決まった訳でもないのに…..皆、ゴールにかけているのだろう。

リーダーチーム、そして韓国のソウルサイクリングと共にコントロールを開始。
17807387_794949933990463_3369300965558603479_o

17814434_794950017323788_9052185942118106601_o

17807416_794949890657134_7913204256496997568_o

これでメイングループも落ち着きを取り戻す。

残り15kを切ってきたところで、若干空気が変わってきた。

皆、ソワソワしてる感じ?といえば良いだろうか?

残り10kを通過。

各チームのトレインが目まぐるしく位置取りの為、前に上がってくる。

僕らは人数が少ないので、彼らを上手く使いながら前をキープ。

残り2k
上手く前をキープ。
残り1.5k
左コーナー!
ここで前から離脱。

あとは窪木とアランに任せる!

ゴール。
17835088_794947087324081_5581765664576771686_o

アラン、惜しくも5位。

総合順位を上げることは出来なかった。

今回の台湾、タイでのレースは日本人が成績を残せるような布陣で挑ませてもらった。
だが、結果は…….

しっかり反省したいと思います。

でも!
限られた人数の中で全員いつも以上の力を出して、必死に頑張ったことは確かです!!!!
17814513_794946840657439_775442235089294502_o

また応援宜しくお願いします。

17545262_794951490656974_7933424735086828614_o

ツアーオブタイランドST5

2017年04月05日

194km
FB_IMG_1491400153327
スコターイ遺跡をスタート地点としたこのステージ。
そして今大会最も厳しくなるであろうステージ!
FB_IMG_1491400149195

作戦第一段階。
リーダーチームを苦しめるために彼らの後ろをキープしつつ逃げに反応。
ちょっと少し自分なりに考え、状況を見つつ彼らがついてこれないタイミングでも逃げに反応してみようか?ということで実践。
FB_IMG_1491400129668
少しでも消耗させるべく動くと上手い具合に反応してくれて、効果あったかな?と自分に言い聞かせる。40kを過ぎたところで三人の逃げが決まった。

後は勝負所へ向けて待機。
FB_IMG_1491400116455
若干舗装されてない道路を走りながら、FB_IMG_1491400113383
いよいよ最初の勝負所の登りへ突入!
FB_IMG_1491400105972

FB_IMG_1491400098990
リーダーチームも人数が少し減ったが、それでもアシスト二人は残っている。
さらに7人ほどが飛び出しそこにはチームから入れることが出来なかった。

この登りの頂上を越えると同時にアランから前を引いてくれとオーダーがあり、リーダーチームとコントロール
FB_IMG_1491400078859
(自分入れて3人)。
20人くらいで頂上を越えたが、下りでさらに30人くらいが追いついてきて結構大きいグループになってしまった。

前に先行していた逃げも吸収され、最後の勝負所の登りへ!
監督からアランを連れてアタック!!というオーダーもあり、攻撃してみる!
リーダーを丸裸に出来たが、何せこのグループ、人数が多い。

上手くいかず……..
最後はメイングループをまとめるべくラスト2kまで引いて仕事を終えた。
FB_IMG_1491400046067
とにかく調子が良かった今日一日。
しかしリーダーチームもとにかく強かった。
明日が最終日、とにかく冷静に周りの状況を見極めながらどんでん返しになるような展開を作っていきたい。

FB_IMG_1491400064944

ツアーオブタイランドST4

2017年04月04日

120k
FB_IMG_1491301874802
第4ステージ!!今日も少し短めのステージ。
総合の勝負でかかるであろう、明日のステージの為にきっと動きたくない選手も多いはず。
特に二日目からコントロールしてるリーダーチームもあまり体力を消耗するのは避けたいはずだ。
そうゆう考えから今日の作戦は少し変更!

『逃げに入れ!』
GOサインだ!

待ってましたとばかりにスタート!
FB_IMG_1491301836893
ところが、リーダーチームも作戦をひねってきた!

攻撃である。さすが…….
相手が行ったらこっちも行く。こっちが行ったらあっちも来る。
アタック!
FB_IMG_1491301854519
ただ違うのは相手は6人。こっちは4人。2人は温存なので反応できるのは2人。
FB_IMG_1491301845259
リーダーチームもこちらを逃すことは絶対にしない。その逆も….
こうゆう時はうまーく他のチームをしれっと使うのが一番。
FB_IMG_1491301841003
しかし、30分を過ぎて来るとそれも厳しくなって来る。ひたすらアタック。
アジアのレースとはいえアタック合戦中は50km/hで巡航するので厳しい戦いである。

そうこうしてるうちに数人が飛び出す。これで決まりか??
っと思ってるとラジオから『総合上位がいる』っと情報が入り、それをリーダーに伝えると

猛追!!!!!!!

しかしこの情報は正しくなかった。
結果的には彼らをかなり苦しめることに成功したのだが…..

そのあと、二人が飛び出してアタック合戦は終わりを迎え、メイングループには平穏が訪れた。
FB_IMG_1491301826734

結果的に逃げには入れなかったが、リーダーチームを苦しめることは出来たと思う。
そのぶん自分も苦しんだが…..
FB_IMG_1491301858311

そして最後のスプリント!!!!!
前回の反省を活かし、少し後ろで待つ。
ラスト5kmから前に上がり始め、いよいよだぞ!!
っと思っていると…..

はぐれてしまい、窪木を助けることが出来なかった 。

勝負は明日。
調子は良い。
アランが総合上位につけてるので、それをカバーしながら少人数ならではの走りで攻めて行くぞ!!

ツアーオブタイランドST3

2017年04月03日

111k
17547096_792911317527658_9109048839420693482_o
昨日までほぼ200kのステージが続いたので、かなーり!短いステージ。

しかし、距離が短ければ短いほどキツく、ミスが許されないステージになるんです。

そんなステージの今日もとにかくリーダーチームの選手は逃げに入らせない。
そして10人以上の逃げは行かせない!
という事をプライオリティーとしてスタート。

いつもと同じようにアタック合戦が盛大に繰り広げられるプロトン。
逃げ屋の入部選手も盛大にアタック!
が、彼は逃げに入ることはなかった。

上手くフォローすることで少人数の逃げが先行。
ここからは

リーダーチームの申し出を受けて僕もコントロールに参加。
17620208_792909790861144_275936614503204478_o
彼らもリーダー以外フルに選手をコントロールに参加させる。他のチームだったら2人くらいは残すところだが……
17547026_792909824194474_3543609687516768635_o
そのおかげで逃げとの差も順調に縮める事が出来、ラスト3kmほどまで引いて後ろへ退散。

ゴールスプリント!!!!

上手く行かなかったようです……

とりあえず、残る3ステージのどこかで全力出し尽くしたいと思います!

僕、アラン、クボキ、ナカネの脚!
C8ejcXtUQAAdxUx.jpg-large
誰がどこにいるでしょ???

ツアーオブタイランドST2.

2017年04月02日

Screenshot_2017-04-02-16-38-49

ニュートラル10kからの190kmの距離を駆け抜けたステージ2。
17632471_792422744243182_5572804065445163684_o

残念ながら伊藤がメイングループでの落車によりリタイヤとなりました……..

今日の作戦!

集団スプリントに持ち込み、窪木で勝負しよう!!!

ということでスタートからのアタック合戦は10人以上の逃げ、もしくはリーダーチームが逃げに送り込んだ時のみチェック。
それ以外はほっといてよし!
という作戦でスタート。

30kほどアタック合戦。
17620503_792420964243360_2811650476562268526_o
リーダーチームもしっかりコントロールの意欲を見せたことで少人数の逃げを先行させることに成功。

しかし、落車はここで起きてしまった。
チーム皆で固まっていると

17547101_792420437576746_1411009781655034464_o

17492491_792420537576736_526379422129758403_o
、前で落車。
それに伊藤、アランが巻き込まれ他の選手はギリギリ止まるか避けるかで回避。
この落車で伊藤はリタイヤを余儀なくされました。

逃げも吸収され集団スプリントに向け先頭付近をキープ。

ラスト3kを通過し、いよいよだ!
と思っていると後ろから他のチームに飲まれて、窪木の為に動こうと思っていた足を全く別の事に使ってしまった。
終わった後にも少し話をしたけど、ちょっと前に良すぎたかもしれない。
もう少し後ろで周りを見て動く必要があったな。と反省。

この出来事を明日からしっかり生かしていこうと思う。

ツアーオブタイランドST1

2017年04月01日

定通り10時にレースがスタート。
FB_IMG_1491049347315
大会スポンサーであり、日本の自動車メーカーの店舗前がスタート地点!

スポンサー向けにもこれはかなり良いアイデアだ。と思いながらスタート。

今日の作戦としては集団スプリントになれば、窪木やアランのどちらかで勝負。
という作戦を立てて、あとはレース中の状況で色々変えてく感じ。

とにかくここはタイ、そして何が起こるか分からないアジアツアー。

レースは暑い。皆走りが暑い!
100k地点過ぎまでアタック合戦が続きました。
チームみんなでフォローしあい、
FB_IMG_1491049362186

アランが逃げグループへ。
FB_IMG_1491049380159
しかし…….
17人の逃げにアラン一人しか送りこめなかった僕ら。
これは大きな間違いだった。
何回も出た経験から「そろそろだな。」
と思っていたのに、躊躇してしまった自分。
FB_IMG_1491049392344
そこから先は1分20秒から30秒ほどの差でゴールまで進んだ。

今日のステージは

アランが2位!
FB_IMG_1491049398996
やはり1人にしてしまったのが悔やまれる………

この悔しさ!
明日のステージにぶつけます!

ツアーオブタイランド!高雄〜桃園〜バンコク。

2017年04月01日

ST1

ツールド台湾の最終ステージ後まで遡ろうと思います。

レース後、ホテルへ移動しシャワーを浴びて夕食を食べ高雄の駅へ。
_20170401_163050
ここから桃園まで新幹線で一気に移動!
_20170401_163121
高雄が始発駅のようで席に座れて助かった……
高雄から桃園までは約2時間!日本の新幹線のように快適でした(^^)

桃園のホテルに4時間ほど滞在。少しの時間でも寝れるのと寝れないのでは大きく違ってくるので、これは凄く助かりました。
翌朝、3時半にホテルを出発。
_20170401_163155
台湾といえば!エバーもだけど、やっぱチャイナエアライン。
1時間しかないフライト時間の沖縄にもこいつは飛んできます。
DSC_0171_1
もしかしたらカーゴかな?これは。

朝6時20分発のフライトでタイ!バンコクへ移動!

4時間ほどのフライトでしたが、ほとんど寝て過ごしましたね。
夏の雲が広がるバンコク上空!
_20170401_162921

空港からホテルまではすこーし時間が掛かったものの、ここでもほとんど寝れたので逆に良かったかもしれません。
実際ホテルに到着した時、部屋が用意されてなかったので。
_20170401_162859
夕方軽く40kほど練習に行き、一日が終わりました。

そして今日のステージ。

何時に起きたと思いますか?????

4時です。笑
そして5時過ぎに出発。

少し大変なスケジュールでしたが、バンコクの高速道路をパレード走行する。というかなり有り得ない経験をすることができたので、これは良かった。
_20170401_162738
渋滞がひどいバンコクの道を封鎖してしまうとは……
ツアーオブタイランド、凄まじい。

そんな時間を過ごしたのち、10時からようやくレースが始まりました。

少し長くなったので切ります。
(^^)/

Taiwan!!ST4,ST FINAL.

2017年03月30日

ステージ4!

もはや逃げに送り込むのは難しいとチームで判断。
10人以上の逃げが先行しそうになった際のみチェックせよとのオーダー。

ということで…..

すぐに3人が先行したことでメイングループで待機。

最後の登りに向けて体力、やる気を高めて行く!!

そして最後の登りへ!
チーム全員で位置取りしたので前で突入。
良い位置で突入したものの、チーム右京の攻撃でペースアップ。
耐えきれず脱落してしまった。

最終的にアランがトップグループでゴール!!
ステージ3位!!!!

残念だったことは伊藤が落車によりかなり怪我を負ってしまった……

昨日の夜は…
痛そうだった……

僕も夜中、蚊の襲撃に遭ったが、気持ち良く起床。

最終ステージ!
今大会最長距離、200km

チームオーダーはスプリント一本勝負!!
伊藤はかなり辛そう(この後、まさかの展開)

スタートしてしばらくすると…….

伊藤が7人で逃げ始めるではないか!!!!!!!!!!!!!

まさか!

チームとしては完璧。

快調に逃げていた伊藤ではあるが、100k地点で色々ありメイングループへ。
ステージレースならではの理由です。

そこからは4人で固まり、皆各自の役割をこなして行く。

ゴールまで残り僅か !!

しかしトップグループ3人との差が少し微妙..
ということで僕も先頭で前との差を縮める仕事をこなす。

17秒まで縮め、メイングループにお別れを告げ、遅れてゴール。

気になるゴールスプリントは!

アランが6位!
窪木が続いて7位!


伊藤が個人総合で17位、窪木が22位(UCIポイント獲得)

目標としていたステージ優勝は出来なかった。
やらなければならない事が出来なかった。

この悔しさを明後日から始まるツアーオブタイランドにぶつけます!
必ず勝つぞ!!!!!!

っという事でレース後、高雄→桃園へ向けて移動開始。
台湾新幹線!

Taiwan!!ST3!

2017年03月28日

本日も最後の登り区間で伊藤を前に送り込む事を優先にスタート!

僕の役目は前半のアタック合戦に入り逃げに乗る事!
何かやったかな??
僕らチームが逃げに入るといろんなチームがここぞとばかりに追ってきます。

プロコンは目のつけられ方が違う。

普通のアタックじゃダメだと思い、前のグループと距離を開けて!
フルスロットルで追走!

後ろにいた選手を誰一人としてついて来させない追走だったけど、もちろん皆追いかけてきてくれました…..
でもこの瞬間、今季最高パワーを更新。
悪くない….笑

そのあと4人だけ逃してアタック合戦終了。

マリノがコントロールに入ってくれ、良い感じで登りに突入。
最初の坂は超えれたものの、その後遅れてしまい遅れてゴール。

伊藤は最後、ゴール前にクラッシュに巻き込まれたけど、良い感じではないかな??

明日が山場!!!!

皆で頑張るぞ!

Taiwan!ST2!!!!

2017年03月27日

距離は昨日より少し長い114km。

中盤に一つ、そして残り40kに一つKOM(登り)が設定されてるコースレイアウト。
チームとしては、
最後の登りで伊藤を前に送りのを第一目標。
自分は逃げに乗ることを目標にスタート。

スタート直後からひたすらアタック合戦が続き、60k地点で二人が飛び出す。

そこからはチームで固まり、伊藤を前に送り込むべき位置取り。
最後の登りで上手いこと伊藤を送る事が出来たが、自分は第三グループでゴール。

明日からまた上手く周りを見ながら走って行きたい!

昨日、そして今日の二日間、日本から応援に来てくれた皆さん。
凄く嬉しかったです。
帰りも気を付けてください!
僕らは引き続き頑張ります。

Taiwan!!1st stage!

2017年03月26日

レース展開!!!!

映像でチェックしてみてください!!!

窪木……
最後良い位置につけていましたが、落車となりました。
一応、痛そうですが大丈夫そうです。

明日も頑張ります!

Taiwan!!!!!

2017年03月25日

明日から3月30日までの5ステージ(Total Distance 682km)!!!
いよいよ始まります!

2017
ツールド台湾!!!!!!
20170316120312

台湾といえば!桃園!!
桃園といえば!この光景!
_20170325_182623

話が逸れましたね…..

今回のメンバーは!
ジャジャン!!!

NIPPO-TOUR-TAIWAN-03

経験豊富なアラン!

スプリントに強い!窪木!
_20170325_182411

期待の若手!そして常に寝てるイメージがある!まりの!!

そして!

イトーちゃん!
最近髪型がいい感じです。

さて、今回のレース。
UCI2.1というレベルなのですが、ここで重要なのが僕ら日本人でUCIポイントを獲得する事です。
もちろんアジアの1クラスとはいえ、出場する選手やチームも強い。
一筋縄ではいかないと思います。

しかし、このメンバー編成!そして僕らに日本人がUCIポイントを必ず獲得しなければならない。
その事を全員が意識しています。

応援、よろしくお願いします。

いきなり話のネタが別路線になってしまいますが、
那覇空港から桃園へ飛ぶ時、いつものように窓の外を見ていると….
DSC_0089
普段と変わらない景色。
P3C
E2C
F15が綺麗に並べてある中…..

見慣れない機体、いや…….

いるはずない機体が!!!!!!
IMG_20170324_105824_264
KC135!

なんであなたがそこにいるの???

っという質問を関係者に質問、というかSNSに載せてみたところ。

全く意味の分からない略語で答えが返って来ました。笑
あえてここでは載せませんが。苦笑

うーん。
謎だ。

次直接会ったら再び質問してみようと思います。

当日

2017年03月22日

いよいよスタート!
FB_IMG_1490102589592

チームから出された指令。
『すごーく!大事なレースだ。必ず逃げには誰かが入るように!』

アラン!デネグリ、僕と中根に出されたオーダー。

200人出走。
後ろからスタートすると逃げに乗る確率はかなり低くなってしまう。
15分前にはスタート地点へ移動し、前をキープ。
FB_IMG_1490102600042
パレードスタートが始まり、たくさんの人が歓声を上げるミラノを駆け抜ける。

7kmのパレード。
前を争う位置取りを微妙にこなしながら、0km地点へ。
上手いこと前をキープ。

旗が降られレースがスタート!

アランが前へ飛び出していく !

凄まじい….

一度まとまった後、再びアランがアタック!
ちょうど同じラインにいたが、アランの動きを有効化させるため、あえて僕が車間を開けて……

飛び出したアランのグループとメイングループを分裂!

そして

逃げが決まった。

アラン。
凄い。

逃げに入れなかったのをかなり残念に思ったが、残り280k。
出来る仕事はたくさんある。

風もなく、穏やかなミラノ近郊を遠ざかると微妙に風が吹き始めた。
それも横風。
チームで固まり、今日のエース(カノラ、グロースゥ)の為に風上に立ったり、彼等がとにかく温存出来るよう考えながら走る。
FB_IMG_1490102574472

ようやく風も収まってきた所で沿岸部へ抜ける山道へ。
FB_IMG_1490102550955
テレビ中継が始まる前なので、あまり知らない方がほとんどだと思いますが、なかなか良い感じの山道です。
そこでカノラから『トイレ行きたいから一緒に行けるか?メイングループに戻る手伝いお願い』との話があり、ストップ。

距離が長いのでいろいろ大変なんです。笑
これが後から笑えない話に….

無事に用を足して…..
メイングループへ。

山を越え….
いよいよ沿岸部へ高速ダウンヒル!!

めっちゃくちゃ速かった!この下り!
そんな下り、ちょっと前の選手の挙動がおかしい。

良く様子を見ると5人程前の選手が原因のようだ。

これはマズイ。
と皆考えたようで、彼を抜いて行く。

そして、自分も彼をパス!

そのすぐあとに待ち構えていたさらに速い下り!

深い前傾姿勢。
そして、53×11がクルクル回るスピード!

暫くして後ろを見ると、誰もいなくなっていた…..

危ない所だった….
暫くして数人と戻ってきたけど。
きっと彼はめちゃくちゃ怒られただろう。

いよいよ待ちに待った!ライグエリア沿岸部。
FB_IMG_1490102538396
残り140km!

ここからペースが上がり始め、所々1列棒状で駆け巡る。

テレビ中継も始まり、雰囲気が変わって来た!!

チームメイトからも『俺専用のボトル持って来てくれ!』とオーダーがあり、チームカーにて受け取りながら渡し間違いがないように配る。
地味な動きだが、大事な動きでもある。
サポートし、距離をこなしていく。

残り50km!
ここからは2月に合宿をしていたお陰でしっかり覚えている道!

チプレッサ前の峠…..
この入り口でまさかの…..

トイレに行きたくなってきた(1時間前からそう感じていたがまさかのタイミング)

しかも
大。

実際、距離も時間も長いし、食べた量も多いせいかレース中にトイレに行った選手を数人見た。

まさか自分も…..

※決してお腹を壊した訳ではない。

止まってbarに駆け込もうかと本気で思ったが、本気の我慢!

そして、最後尾から峠に突入。
やらかしてしまった…..

ここでメイングループから遅れてしまい、数人でゴールを目指していく。

トップから遅れる事17分。

ミラノ~サンレモ。
291kmが終わった。
FB_IMG_1490102529831

かなり長い印象だったこのレース。

終わってみたら一瞬!
そして、凄く楽しかった。

来年も出て 、次は逃げグループで走りたい!!
その為にも頑張るぞ!

たくさんの応援、ありがとうございました!!

準備

2017年03月20日

MILANO SANREMO
291KM+(7KM)
17310912_700684646760224_8657393665178953918_o

最後のグループでゴール。
今回のレース、 ただひたすら着いて行っただけではない。
しっかりとチームメイトから出されたオーダーをこなしながら、遅れてしまった後も数人でゴールを目指した。

先週のティレーノアドリアティコに続いてのビッグレース。
実は……

ティレーノアドリアティコ最終日、個人タイムトライアルの時は若干調子の悪さを感じていた。

何故なのかはだいたい検討ついているが、ここでは省こう。
水曜日、トレーナーからのメニューは回復走2時間。
いろいろ考えた結果「今日は二時間乗らない!体調回復に専念」。

木曜日、朝起きると体は良い感じ!
無事に回復し3時間のウォーク入りメニュー。この日から炭水化物(特にパスタを中心とした)を多目に摂りカーボローディング開始。

金曜日、いよいよ前日。
チームメイトと一時間だけ軽く足を回す。
とにかく回復に専念。

いよいよ明日だ!
夕食はリゾート1.5人前、パスタ1人前。
ステーキ。(さらにパンやクロスタータ)

これでもか!!!という程食べた。
レストランの方の『あんたらどれだけ食べるんだよ!!!!』
っと。笑

土曜日。
スタート時間が9:45と少し早め。
基本的に食事は3時間前に食べるので6:45から食べ始めた。
ジャムや蜂蜜を塗ったパン、パスタや少量のたんぱく質(ハムやオムレツ、チーズ)を食べる。

きっと慣れてない方がやってみると、かなりきついと思います…..

ダイエットも大変ですが、レース前のカーボローディングも大変です…..

準備も完璧!
いよいよスタート!

Milano Sanremo 3/18

2017年03月18日

16684361_1310828652344014_9059365367324180126_n

いよいよ明日!
ミラノ中心地からスタートします。

ここ、イタリアでは自転車に興味があまりない人でもミラノ サンレモ。
このキーワードを知っています。
自転車レースが文化として根付いてるこの国。

そんな国で、そしてこのレースに出場。

明日はどうしても逃げに乗りたい!!!
しっかり見極め、逃げに潜り込みます!

291kmのレース。
12795080_1017278428365706_8372162712017510488_o
食べて、食べて、食べて。
テレビにも写って!

自分の限界まで追い込んでいきます。

※登りもそうだけど、超ハイスピードな下りも待ってます。
これはチプレッサの下り。

第108回ミラノからサンレモへ

2017年03月17日

NIPPO_FORMAZIONE_MILANO-SANREMO-03

今週土曜日!!!!
走行距離291km!

日本ではDAZNでLIVE中継があります!!
JSPORTを契約されている方が殆どで『今年のミラノ〜サンレモは見れないかー』っと思っている方が多いと思います!

が!!!!!

僕と中根が出ます!

なので!!ぜひLIVE中継を見て応援してください!

アドリア海で終わる

2017年03月15日

17311031_1454659967890991_7724423062353324505_o
ティレーノ海を横目にチームタイムトライアルで始まったこのレース。
最終ステージはアドリア海のビーチ沿いをコースとした個人タイムトライアルで終わろうとしている。
17211973_698344016994287_3813410023336093025_o

自分のスタートは13時過ぎ。

今までのステージと比べるとかなりゆったりした時間。
ホテルの外はこれぞマルケ!
DSC_0029

という風景が見えるし、午前中はリラックス。
※写真は前日の夕方撮ったもの。

レース会場までは体をほぐしながら自転車で向かい、スタートまでしっかりと準備。

個人タイムトライアル。
やはり、こうゆう雰囲気の中で走るのはかなりテンションが上がる!
IMG_20170314_163810_840

しっかりとウォーミングアップ。
時間が近付き、スタート地点へ。

最初からいきなり上げず、最後に向けてペースを上げるように調整。
17310260_782336288585161_1458759056933190912_o
PHOTO credits – Bettini Photo

結果は……
後ろから数えた方が良い順位….
このレースでの自分の力を示しているな。
と感じる成績だった。

もっともっと力をつけ、このクラスのレースで戦える力をつけなければ!

去年の自分と比べて、自分の力は着実に上がって来ている!
と実感しているのを強く感じる。
しっかりトレーニングメニューをこなし、また次のレースに向けて身体を作って行くぞ!

ティレーノアドリアティコ!

たくさんの応援ありがとうございました!!

実質、最終日。

2017年03月14日

明日は個人タイムトライアルなので、今日がロードレース最終日。
17211870_1454658121224509_4133431681539633630_o
正直に言います。

昨日終わった後、少しホッとしました。
あの厳しさを乗り切ってゴールしたあの感覚。
何と表現したらいいのやら。

という気持ちもすぐに切り替えて!
今日のステージ!

ゴールは2011.12年に練習でよく通ったチビタノバマルケ!!!
17240376_697919463703409_9213433584027167143_o
良く知っている所がゴール地点になるなんて!しかもこのレースで!

高低差はこんな感じ。
17192656_697919860370036_7052712512707450156_o

まあまあ平坦???
今までと比べたらね!

さて、今日のチームオーダーは
『可能なら逃げに乗るよう』

今日はすぐに逃げが決まると思う。という情報の元、パレード走行中に前へ。
レースのスタートが切られると2回目逃げているアランがスタートアタック。
人数的にも自分が行くと良くないな。と感じ、見える位置で待機。
逃げが決まった。
3回目の逃げ。アラン、無限な体力…..

そこからはいつもと同じようにチームメイトで固まり、ゴールまで進んで行く。
GPMもよく練習で通った街。
うーん。不思議な感覚。

ゴールまで距離を減らして行くと同時にスピードも強烈に上がって行く。
一度ゴールラインを通過するのだが、ここが肝!
結構狭い上にテクニカルなので前にいる必要がある。

タイミングを見計らい一番前へ。
他のチームにも狭い情報はしっかり流れているので、皆踏む踏む!
そして左コーナーへ!
しっかり前で入ることができた。
そこをキープしながらグロースを前へ!もはや最後の登りは考えずにとにかく踏んで前をキープ!
そして最後の登りで力尽き、遅れてゴール。

グロースがゴールスプリントで8位に食い込んだ!!
全体から見たら小さい働きではあるが
ただひたすら後ろでヒラヒラするのではなく、最後に彼の為に全開で踏めて良かったと思う。

ゴール後、チームバスに戻った時、
グロースから『ありがと』っと言われたのは結構うれしかった。

今日もたくさんの応援ありがとうございました!

ついにやってきたステージ5

2017年03月13日

17157429_1451509848206003_7971766046976707427_o
210km

5時間24分。
昨日よりは早く終わった。
一応昨日と同じくらい登ったんだけど….
17240455_697418397086849_8595338889245625899_o

今日のステージはスタートしてしばらくした後、地震に見舞われた地域を通過するとの情報。
17157846_697418477086841_3827175746532748464_o
そしてゴール地点は2011年、2012年の二年間滞在していたマルケ州!よく練習で通っていた街!

今日のチームオーダー
『とにかく耐えろ』以上。
数日前からこのステージの事は聞いていたが、この言葉を聞いて厳しいステージになると確信。

7kのパレード走行を終え、レースがスタート!!

スタートと同時にアタック合戦!
今日はいつもと違う!
皆、本気だ。今までは一発目のアタックで逃げが決まったが、今日は全然決まらない!
少しアタックに反応したものの、嫌な予感がして、メイングループの中で様子見。
カノラが四人でエスケープ。
ペースは上がったまま。
数人が合流し、ようやく落ち着いた。
とにかく速い!
登り基調なのに最初の20分は平均時速50km/h

逃げが決まった後もペースは緩めることなく進んでいく。
情報通り、地震に見舞われた地域を通過する際、崩れた家や建物が地震の恐ろしさを物語っていた。

ラスト110k。ここから逃げ集団との差がどんどん縮まっていく!
正直「このペースはやばい!」と思い始めて数分後。

メイングループから遅れてしまった!!!!!

とりあえず落ち着いて周りを見渡し、遠くにグルペットを発見。
そこまで上手く辿り着き、「誰がいるかな?」と見て見るとカベンデッシュがいた!
このグループなら何とかなる!

残り距離
90k

そこから皆でローション。
登りもまあまあなペース。
下りは全開。平坦は50km/h前後。

前から落ちて来る選手を拾いながら進んでいく、50人くらいいただろうか?

ラスト30kはかなり厳しい高低差だったが
17157774_697418503753505_4024523574932797900_o
※ラスト5kmの高低差。ここはラスト25kmでも通過する。

もはや疲れの感覚が飛んでしまい、足がクルクル回る。
そんな感覚の中、トップグループから遅れること26分でゴール。

チームに対して何が出来たか?というと、何も出来てないのが正直な所だが、
このステージを越えることで自分の何かが変わったと思う。

凄まじいスピードで進むこのカテゴリー、厳しさもあるが…..

走っていて最高に楽しい。

明日も頑張っていきますよ!!

3.11

2017年03月12日

3.11
今日は日本人にとっては決して忘れる事の出来ない日。
この事をずっと考えながら走った。

187km
17191982_780384712113652_3660981390967407507_o
距離は短いが、最後に17kmほど登る。
17km!

6時間ほどかかってゴールしました。

今日のステージは『昨日の疲れをとにかく取りなさい。』
というオーダーでスタート。
とにかく風が吹き荒れている中でのスタート。

0km地点で再びアランが一発目のアタックでエスケープ!
そこからは風に気を付けてながら、距離をこなしていく。

ゴールまで40k程の登りでペースが上がり、そのまま一列のまま下りへ!
下りきりの平坦で20人くらいが一気に遅れてしまった。
僕もその1人。
そこから先はとにかく明日のステージを考えながらゴール。

明日は頑張るぞ!

三日目!

2017年03月11日

今日は204km!
17158915_779544052197718_6523364004810825150_o
5時間かかりました。

今日のチームオーダー、逃げに乗ること!
ということで….
15分前にはスタート地点で先頭をキープ。
無事に先頭を守りきりスタート。

パレードが設けられているのでここで後ろから来る選手に注意して、風を受けてでも一番前をキープ。
スタートが切られ、少しの間を開けて1人がアタック。
実は隣にGPMジャージがいたので、彼が一緒に逃げるのは避けたかった。しかし彼はこのアタックの前にチェーンを落として後退。これは思わぬラッキー!!

アタックにすぐ反応、すると無線で『いけるぞー!』との声。
ちらっと後ろを見るとメイングループは逃げを容認した様子!!

7人の逃げがあっさり決まった。
17191807_779727765512680_8923128255958003812_o
距離も長いこともあり、少しペースは抑え目。
といっても速い。追い風も手伝い60km/hくらいで進んでいたかな?
進路を変えると待っていたのは横風。
走っていて「メイングループにいたらきっと大変だ….」
っと考えながら距離をこなしていく。※実際ゴール後チームメイトに聞くとやはりきつかったと….

ここで新たなチームオーダー。
『今日一回だけあるGPMを取るべくフィロージのアシストをしろ!』
彼の番手を考えながら残り500mから少しづつペースアップ。
残り200mでスプリントし始め、無事にフィロージが1位通過。
上手く行きすぎでしょ?と思いながら下りへ。

下り…..
結構速かった。笑

そこからも淡々と走るがやはり疲労が見え始めたので、力を抜くときは抜いて入れるべき所で入れる。
これを繰り返し誤魔化すも、
残り50kで遅れてしまった。逃げ始めてから150km。
メイングループに合流するも、登りと横風で一瞬にして遅れてしまった!!!
まだ距離がある…ちょっと不味いんじゃないか?
と思っていると何とラッキー!!
グルペットを発見。
上手く合流し、無事にゴールする事が出来た。
危ない危ない。

とにかく、今日は全力を尽くしました!
これでまた色々変わって来るのではないでしょうか?

明日もまだ続くので、しっかり休んで!気を引き締めて行きます。

今日もたくさんの応援ありがとうございました!
特に後からtwitterを見て反響の大きさが嬉しかったです。
フォロワーの皆様、ありがとうございます(^^)

6時間

2017年03月10日

約230kmの長丁場のステージ。
6時間4分かかりました。
17157796_695718783923477_5687126209032674897_o
グルペットにてゴール。

リアルスタートが切られるとすぐにアラン含む逃げが最初のアタックで決まり、メイングループは平和な雰囲気で進んでいく。

10k程ゆっくり走り、タイム差が5分を超えたとこで、リーダーチームがコントロール開始。と言っても二人で引いてる。
前は6人。
タイム差は5分30〜50秒くらいを行ったり来たり。
前は6人。

それを二人だけで同じペースで引いているBMC。

もう一度書こうかな。

二人だけで。

チームで固まり距離を進めて行く。
THE ワールドツアーのこのレース。
皆、THEプロフッショナル!とにかく走りやすい。
風の音、カーボンホイールの独特な反響音、そして上空を飛ぶ(時には真横を飛んでいる)テレビヘリの音。
全てが気持ち良い。
これぞロードレース。
テレビの画面では伝わらない魅力だと思う。
17097616_695718817256807_5509413576353443534_o
100kを過ぎていよいよGPM(登り)が訪れる。
ここは一定のペースで登って、二つ目のGPMへ。
こちらもジワジワペースが上がっていったが、クリア。
この下りはまあまあ良いスピードで下って行ったが、実に気持ち良い下りだった。
前にいた中根が少し緊張しながらコーナを曲がって行ってたので「リラックス!」と声をかけた(^^)
中根、コンディションがかなり良い感じです!!

さて、レースはラスト30kから始まる登りに向けてペースが徐々に上がって行く。
このGPMの前に隣にいたジュリアンを中盤まで一気に連れて行き、GPMへ突入。
ここで遅れ、大きなグルペット(完走を目指す集団をそう呼ぶ)でゴールを目指していく。
30人くらいのグルペットで無事にゴール。
どこで遅れるか、どのグループに乗っかって行くかを見極めるのも結構大事な感覚だと思う。

捉え方によってはジロより厳しいと言われているティレーノアドリアティコ。
緩めれる所は緩め、力を出すべきポイントをしっかり見極めて、明日からのステージもこなしていきたい。

っと言っても……
かなり集中して、全開で追い込まないと厳しいレースです。
明日、そして明後日にどんどん繋げていけるよう。
そして今後自分を一気に成長させるよう頑張って行きます!

チームタイムトライアル

2017年03月09日

いよいよ開幕!
初日はチームタイムトライアル!
17158917_1449152578441730_8960763076446161390_o

実は……

久しぶりのTTバイク、そしてチームTTということもあり、少し緊張していました。
というのもこのバイクは乗ったことある方なら分かると思いますが、ロードバイク少し設計などに違いがあり、ちょっとだけ扱いが難しいんです。

まずハンドリングの感覚が違う、スキーのダウンヒルのような体勢になるので重心の乗せ方なども違い、乗り馴れてないと結構危ない….

しかし、難しい!と言ってる時間なんてないので、とにかく乗っている時は常にどうしたら一番進むか、コーナーの重心はどうするか?
等を考えながら時間を大切に使い、どうにか感覚を取り戻すことができました(^^)

代わりに、空気抵抗を可能な限り削減してるので凄いスピードでますよっ!!

そんな緊張感があっても、昨日と今日しっかりと皆で合わせた事。
チーム、特にメカニックが最善を尽くしてくれたお陰でスタート前にはかなりリラックス!!!!
こうすることが何よりも良いと思いませんか????

スタート前もリラックス!
中根が少し緊張気味だったので、「リラックス!」と声をかけ、ついでに自分にもそれを言い聞かせ、
チームタイムトライアル!

スタート!
17212012_777622962389827_5879233724524278575_o
Credits – @Bettiniphoto.net

折り返しに向かうまでも「なんて気持ち良いんだろうか。」と感じながら走る。

※もちろんかなりきつい。
コーナーが続く折り返し区間でもしっかり思っていたように曲がり!
あとは直線を駆け抜けるのみ!
がしかし!!!

残り6キロで道路中央に置いてあるコーンに当たってしまい、バランスを崩しかけるも立て直す。
しかし、ペースの上がったチームの隊列には戻る事が出来なかった。

ゴールに向けてペースを上げていこうと思ってた所でのこの出来事。

残念で仕方なかった。

この悔しさを明日から始まる厳しいレースにぶつけていきたい。

明日は230kmです!

ティレーノ海からアドリア海へ

2017年03月07日

POST_TIAD

明日から始まるレース!!!
ティレーノアドリアティコ!!!!

THE ワールドツアー。
このレースがチームのスケジュールに組み込まれた瞬間から誰からも『このレースは本当に厳しいレースだ。1日も楽な日なんてない。』

との情報があり、メンバーに入る為にも、入ってからもかなり気合を入れていかないといかない!
っと考えていました。

そんなレースが明日から始まります。
まずは

チームタイムトライアル!!

DCIM103_VIRBVIRB0451.
DCIM103_VIRBVIRB0451.

昨日は今日、TTバイクに乗って久しぶりのバイク感覚で昔のことを色々思い出しました。
IMG_20170306_160218_026

大学の頃、100kmを4人で走るチームタイムトライアル走った事とか…..
明日は22km。
気を引き締めていきます!

日本では
DAZN
https://my.dazn.com/help/JP-ja/schedule-of-this-month
こちらで見れるようです!!
契約料金が発生するようですが、ぜひ見てもらえたら嬉しいです(^^)

チーム一丸となって頑張りますよ!!
IMG_20170306_160332_356

GPインドゥストリア&アルティジアナート

2017年03月06日

コースプロフィール!
17098538_693585184136837_2651176777716686158_n
最初の平坦周回をこなし、最後は登りを含む周回を4周するレイアウト!

FB_IMG_1488729808351
朝降っていた雨も上がり、濡れているものの悪くないコンディションでスタート!
FB_IMG_1488729812038
一番前でスタートしたおかげで、コーナーが続く道もうまく曲がり、アタック合戦に参加。
15k地点で二人が若干飛び出し、少し様子見。

二人が飛び出した時点でプロツアー勢が蓋閉めたがっている。
昨日のレースから連戦の選手も多いのも影響してるだろう。
チームメイトからも 「行かなくて良い」
っとの指示。

っと話ながら走っているとイタリアのコンチネンタルチームが執拗にアタック。
それをプロチームが潰しにかかる事、数回。
とりあえず何が起こるか分からないので、チェックのみする。

今日はもう行くべきではない…..

そこで再び1人が飛び出し、集団からは凄い罵声!
再び一人が飛び出す。
同じチームの選手???
皆『?????』
っと不思議でしかない様子で『もうほっとこう』
っと意見が一致。
ここで飛び出しても何もメリットがないので今日のアタック合戦は終了。

という事でチームメイトと固まり距離をこなしていく。

100k地点から始まる登りを含む周回に向けてペースが上がり、登りへ突入。

今日はかなり足が回る!
カンパニョーロのクランク、ホイールも凄く回る!
そして今日はチューブラータイヤだが、濡れた路面でも凄く気持ち良く曲がれる!
昨日未舗装区間を爆走したおかげで自分のテクニックが上がったのもあると思う!

だが、ラスト2回目の登りで遅れてしまった。
最後の周を前にDFS。

2日間のレースを走って、今の自分の力はまだまだだと感じる一方、コンディションは上がって来ている!
しかもチームのトレーナーから教わった自転車以外のトレーニングも自分なりに毎日毎日こなしてきたのもコンディションの向上に繋がっている!!

と強く感じるので、しっかり休み次のレースへ向けて頑張って行きたい。

引き続き応援宜しくお願いします。
FB_IMG_1488729802042

ストラーダマローニ

2017年03月05日

レポート
いよいよやってきた2月4日。
ワールドツアー!
ストラーダビアンケ。
会場はいつも以上に熱気がある!!

しかし、早めに出たにも関わらず、かなりの渋滞でスタート一時間を切っての到着だったので、その雰囲気は一瞬しか感じれなかった。

今日のオーダー
『大事なレースだ!誰か必ず逃げに入れ』

逃げに乗るべく、スタート。
かなり後ろからのスタートとなってしまったがニュートラル区間、一瞬の隙をついて一番前へ。

リアルスタート!
もしかしたら??
っと思いファーストアタックをかけるも、やはり決まらず….

その次のカウンターアタック!に反応。
登りだったこともあり、全開!!
しかし、これも吸収。
ここで限界に来てしまう….
後ろへ下がり逃げに入る事は出来なかった。

逃げが決まり落ち着いたが、アタック合戦のダメージがまだ残っている。

今日の未舗装区間は11区間。
今回の目玉であるこの区間!
先週の試走、そして今回から投入されたチューブレスタイヤのお陰でかなり良い感じで走れた。

こうゆう特殊な道ではタイヤの選択が大きく変わってくるので、これはかなり良かった!

しかし、50km過ぎた所で4k程の登りに差し掛かるとメイングループの空気が変わった。風向き等を考えると確かにヤバい。そして頂上に差し掛かると皆もがきはじめた!!からの長い下り、そして下りきりの平坦で半端なくペースが上がり横風の影響で集団は一列棒状!

その最中、チームメイトから前に行くぞ!!
っと声をかけられ、横に出た瞬間。
「これはマズイ。速すぎる!」
っと思ったが手遅れ。
一列棒状になったメイングループのどこに入れるか??
最後尾だ。

何とかくらいついた!
っと思った瞬間。

力尽きました。レースが終わった。
しかし、走れるとこまで走る!
っと決めていたので、未舗装区間の下りを攻めていくと、6人のグループに合流。
トレックの選手が鬼引き!
距離をこなしていく内にどんどん選手が増えていく。
半端ないコース、そしてレースだ。
と思いながら、ショートカットしゴールの街へ。

かなり激しく!難しく!厳しいレースだったが、またチャレンジしたい。

その為にもまずは明日のレース、しっかり最後まで苦しんで行きます。

今週土曜日は白い道、いや茶色い道か?

2017年03月03日

いよいよ土曜日はストラーダビアンケ!!!直訳すると『白い道』

普通のロードレーストは違うんです。
どう違うか?

いつもは舗装された道をコースとして走る僕ら、自転車ロードレーサー。

しかし……

土曜日のコースは!!!!
※大量のデータ通信が必要になるため、出来ればWifiに繋げてごらんください(^^)


※お馴染み!ガーミンVIRBウルトラ30を使用しての撮影。
IMG_20170224_225736_941

ダートが組み込まれたコース設定となっています。
この映像や写真は先週金曜日、試走に行った際に撮ったものです。
一度でもこうやって試走できるのはかなりのアドバンテージ。
しっかり頭に記憶してきました。
急遽予定を入れてくれたチームに感謝!

去年のレースの模様は
シクロワイヤードの記事
をご覧になって見てください。

ご覧になりましたか???

土曜日の天気は雨予報!!!これで一気に茶色い道に変わるはずです。
試走の時にも雨が降っていましたが、試走でも厳しく感じたこのコース。
より一層過酷なレースとなるでしょう。

とにかく耐えて、耐えて!!
チームの為に出来ることをしながら、最後まで全開で走っていこうと思います!

日本での放送がないのが残園ですが、ヨーロッパではEUROSPORTでの放送があります!

日本でも裏技使えば見れるのでしょうか?
僕からはコメント出来ませんが…..ぜひ応援宜しくお願いします!!

マレーシア組が今日イタリアに帰国。
そんな今日、久しぶりにLINEの電話がなりました。
相手は

アジアンリーダー。
本当にお疲れ様!!!

次は自分の番だ!
IMG_20170224_224308_384

カタール航空

2017年02月28日

ヨーロッパに向かう際、値段の安さから選ぶ候補になるカタール航空。

今回の渡欧の際は帰りのチケットをいつでも予約変更にできる。という理由で搭乗してきました(^^)

今は羽田からも飛ぶことができ、凄く便利になりましたね!
前までは羽田から成田までバスを使うか、電車で行くか….
前泊することになると、羽田→成田→ホテルとこれだけでも結構な移動時間がかかってしまいます。

羽田から飛べるのはかなり良い!!!

とにかく楽!
これに尽きる!

少し話が変わりますが、
僕が飛行機好きという事を知った方から、こんなプレゼントを頂きました。
_20170228_122420
リモワのケース!

話を戻し、カタール航空で嬉しいのはB787が羽田→ドーハに就航してること!
_20170228_122858

日本が誇る東レのカーボンをふんだんに使用したこちらの機材!
従来の金属でできた機材との違い?
それは機内の乾燥具合!!

全然違うんです。これだけでも疲労が変わってくると思います。
そして時間潰しに欠かせないエンタメシステムの液晶。
_20170228_122554

この通り、充分な大きさだと思います(^^)

しかし、このシステムの弱点はシート下に設置されているお陰で足元が狭くなってしまうことですかね……
もし搭乗する事があるならば、ぜひ非常口かバルクヘッド(前が仕切りになってる所)を強くオススメします。

ドーハからローマへのフライトは
_20170228_122619

再び787!!

ん?
なんか場所に見覚えがある….

まさかの羽田から一緒に飛んできた機材!
こうゆう展開は初めて。
お陰でこのフライトも快適に過ごす事が出来ました。

機内食については…..
食べずに過ごしたのでコメントなし。

カタール航空で最も注意すべきことは

乗り継ぎ時間をしっかり余裕持たないと

フライト中もソワソワ。

ドーハに着いた瞬間、ダッシュしなくてはならない!!!!!

今回のフライトでもたくさんの方が走って行くのを見ました。
※自分は去年、ダッシュする立場を経験済み。

チケット手配する際はお気を付けて(^^)

ツールドオマーン終

2017年02月20日

最終ステージ。
距離130km
準備の時もしっかりコースプロフィール、風向きの変化を見る為にチェックは欠かせない。

スタート前から風が吹き、かなり注意していかなければならない日になる。

そう考え皆で前をキープしながらスタート。
FB_IMG_1487512735456
リアルスタートと同時に3人が飛び出すが、かなり強い向かい風という事といつものパターンを考えて少し待ってみる事にした。

すると、それが決まってしまった!!!

なんとうい事だ…..という考えが頭の中を駆け巡る….
そしてチームメイトからも『あー今日も入れなかったな…』っと….

ついに逃げに入るチャンスが消えてしまったが、出来る仕事はまだまだある!
FB_IMG_1487512716545
と切り替え、ボトル運びや位置取りを考えてやり、最終局面へ。
FB_IMG_1487512687202
最後の周回コースではスプリンターを前に位置取るのを手伝うも、最終回では前に残れなかった…

チームとしてはゴールスプリントでグロースがステージ2位という結果!!!!
FB_IMG_1487512677138
これだけのメンバーの中でそこに食い込める彼から学べる事は多い。

今回の自分の出来としてはかなり悪いと自分でも、そしてチームメイトからの評価としても感じ取れる。
それはチームから出された『逃げ』を一度も出来ていないから。
確かに何度も何度もチャレンジしたが、ここではその結果が全て。

自分の結果は?
一度も入れなかった。

しっかり考え直さなければならないであろう。

良い点はこのメンバーが来ている中でしっかりアタック合戦に入れた事。
トレーナーのトレーニングメニューは自分としても良いフィーリングだと感じている。

このレースの反省をしっかり生かして次のレースに望みたい。

いつも応援しくれてる皆様。

ありがとうございます!!

次、頑張るぞ!!!
FB_IMG_1487433124033

残るチャンスはあと2回。

2017年02月19日

残るステージは2つ。
逃げるチャンスは後2回しかない!

最後かなり厳しい登りでゴールを迎えるステージ!
FB_IMG_1487439713735

今日も逃げに入るよう指示の元、スタート。
FB_IMG_1487433225557
今日はモスクがスタート地点でした。
FB_IMG_1487433204784

日本もお寺スタートとかあったら良いかも?

向かい風の中でのアタック合戦。
FB_IMG_1487433193289
前で反応していると後ろから『・・・・前を引くな!!』
と無線で聞こえた。
どうやらスタートしてすぐ、風の影響でメイングループが分かれてしまっていたようだ。
すぐには状況が理解出来ていなかった。
グループは一つにまとまり、激しいアタック合戦が続く。

それが20kほど続いた。
すると……
4人ほどが抜け出していく。その前に反応していたおかげでそこには行けなかった…..

逃げが決まる瞬間をまたしても逃してしまい、チームオーダーをこなせてない自分を攻めたい気持ちで一杯だったが、すぐに切り替えチームの為に何が出来るかを考えながら走った。

最後の登りに向けて距離をこなしていく。
途中横風で微妙なペースアップや道路に川が出来ていて大落車が起こったりしたが、無線で情報が流れていたお陰でチームで影響は受けなかった。

残り25kからメイングループも位置取りが徐々に始まり、自分もジュリアンの位置取りを手伝い、最後の登りへ。
ジュリアンが最後まで頑張ってくれました。
FB_IMG_1487433179707

遅れてのゴールだったが、最初から追い込んだ1日だったのでかなり疲れがある。
FB_IMG_1487433124033

アランが『こうしなきゃダメだ!・・・・だから逃げには入れなんだぞ!ちゃんと後ろのメイングループがどうなってるのか見て
確認しな!』
FB_IMG_1487433133112
っと凄く良いアドバイスをくれるのが、有難い。

しっかり休んで明日こそ!
ラストチャンス!
FB_IMG_1487433006840

折り返し!!

2017年02月18日

ツールドオマーンも折り返しを迎えた。
ST4

118km
今日はいつも移動に使用していたバスが来なかったので、チームカーに乗り込んで移動。

おかげでレース中はあまり見ることの出来ない風景を見れた。
村を通過する時、ヤギがこんな感じで見れたし。※後からこの村を通過する時事件は起きた!

今日も逃げに備えるようオーダーを受けてスタート。
かなり強烈なアップダウンが待ち構えているとの情報を受け、しっかりと前をキープしてスタート!!!
FB_IMG_1487343192078
0km地点は急勾配の坂で始まる今日のステージ。
スタートラインが見えてきた!!この時点でも急坂。
その瞬間、隣の選手の手が僕のフロントギヤ変速スイッチにタッチ(決してわざとではありません。)
急勾配での変速は……..
予想できると思います(–)
ストップして直している間にレーススタート!
チームカーの間を縫って走っていると、来るとき通過したあの村が見えてきた。

嫌な予感…………

的中でした。
ヤギが道路を横断してキターーーーーーー!!!!
「あーやっぱりな」と思いながらブレーキをかけるとヤギはストップ。
僕ではなく、クイックステップのチームカーと喧嘩してました。

ゴロゴロ転がるヤギを見て、「もしこのヤギが止まっていなかったら、転がったのは自分だ」
と思いながら通過。

そんなこんなで15kほど追走してメイングループに復帰。
FB_IMG_1487343165822
すでに逃げは決まっていたが、
今日逃げた選手達はかなり強く、そして速かった。
残り40kくらいから三回連続通過する山岳。

1度目はクリア
FB_IMG_1487343137816

しかし2度目で遅れてアラント一緒に大きめのグルペットでゴールとなった。
FB_IMG_1487343108544
距離が短いステージ、かなり速く進んだので疲れがあるが、しっかり休んで!
明日こそ逃げに乗れるようチャレンジします!!
FB_IMG_1487343186791

ちなみにチームカーと喧嘩したヤギは無事?走って逃げていったようで何より。

FB_IMG_1487343171026

本日の最高スピードも96km/h

深いコーナ付きだったので痺れましたよ!
速く突っ込みすぎてタイヤがズリズリ、あの感覚がたまりません。

ツールドオマーン③

2017年02月17日

今日は良く寝れた!
体調がおかしいと感じた時から食事の量をかなり落としたのが、効果的だったのだろうか。
こうやってお腹の調子が崩れた時は食事の量をギリギリまで落とすのが一番の回復法かもしれない。
薬が使えない選手にとっては!
あと、ハーブティーや温かい水の摂取を心がけたのもあったかもしれない。
なにわともあれ、このクラスのレースで体調が優れないのはかなりの致命的はダメージに繋がるので、苦しんだのが一日だけで本当に良かった。

いつもと同じパターンでレースを迎える。
FB_IMG_1487257247410
ST3
距離162k

今日も再び逃げに入るようオーダーをもらい、スタート地点では最前列でスタート!
FB_IMG_1487257317413

FB_IMG_1487257423851
『自分から仕掛けるのではなく、アタックに反応する形でいけ!』
との指示を守り、常に前に位置しながら全てのアタックをチェック。
すると、横からアタックしていく選手が見えた。
『あ、これはイケるタイミングだ!』っと思うと同時にチェックに入っている窪木を発見!
チームメイトが入ってるのをチェックするのはご法度なので、ここは任す。
もし無理に行って集団がくっついたらそれこそ…….苦笑
FB_IMG_1487257455429

ということでまたしても!!!
入れず!

さて!

FB_IMG_1487178562347
切り替え!
FB_IMG_1487257244023

チームメイトで固まりながらゴールへ突き進む。
ラスト30kからかなりのペースで上がっていく。
逃げ集団に向けてどんどん距離を縮めていくメイングループ!
さらにペースは上がり続けていく。
FB_IMG_1487257357284
逃げ集団を吸収しても最後の登りに向けてさらにペースアップ。
もはや前には上がれない…….
これがHCカテゴリー!
最後の登りではメイングループに残る事も出来ずにゴール。
FB_IMG_1487257375479
とにかく明日も、明後日も逃げにチャレンジして行きたい!
FB_IMG_1487257387591
ちなみに明日は120kとかなり短い距離である。

短いから楽???

そんなことはありません。
短いからこそ

凄まじく速く、厳しいステージになるんです!

とにかくトライ!

ツアーオブオマーン ST2

2017年02月16日

距離140km
昨日と同じように起床~スタート地点へ移動。

昨日と違うのは…..
頭とお腹が痛いことである。
このオマーンという土地。
そしてかなり良いホテル。
油断して食べたきゅうり。
カリウム摂取してむくみを取ろうと思ったのに、むくみどころか一気に水分が吹っ飛んだ。

それか…..

初日から同じように体調を崩したルームメイトから何かもらったか…..
食べ物で当たって頭も痛くなることはあまり感じたことないし。

さて、レースの話に戻ろうか。

今日も逃げに入るようオーダーが出され
FB_IMG_1487179319268

スタート!
40分ほど続いたアタック合戦。

最初の30分は平均時速55km/h
もちろんもがく時はフルスロットル。

全然決まらず、下がってしまった際に15人ほどが先行。
そこに窪木、イワンが入りチームとしては良い感じ。
僕のお腹は全く逆であるが。

ここで集団はこの逃げを許すはず無く、ペースを上げながら1回目の山岳へ突入。
この登りの距離は1k。平均勾配は9.5%
集団は3つに別れ、僕は3つ目のグループ。
すぐに追い付く事が出来た。
二人が飛び出してペースダウンしたので….

そこから先は皆で固まりながらゴールまで距離を減らしていく。
残り40kで再び2つ目の山岳へ突入。
まあまあ良いペース….
監督から『おう!みんな良いねー!何名か他の選手は千切れてるぞ!』と励ましの言葉をもらいながら頂上へ。

このタイミングでボトルの補給。
最高時速は102km/hをマーク!
自転車でもこんなスピード出ちゃうんです。
そして、新型プロトスの安定性はかなり良かった。
こんな高速でもまだま

ボトルを8本受け取った後は少し地獄を見ましたね。
何故か?
横風で一列棒状だったので…..

チームメイトに全て渡し終え、残り20kほどから始まる登りに向けて位置取り。

地元の人々も興味深そうに見ています。
でも観客は少ないかな。
FB_IMG_1487178562347

再び3つ目の山岳に突入。
距離0.8k平均勾配….0.8%。

止まりました。
ここで遅れて後ろの集団でゴール。
FB_IMG_1487179357752
とにかく出来る仕事をして、しっかりチームの為に働かなければ!!

明日も逃げに入るように動いていこうと思う!

ツアーオブオマーン①

2017年02月15日

ツールドオマーン第一ステージ
Distance 176.5km
写真はチームの公式FBページから

こちら!!

今日からスタート!
11時にレースがスタートなので、7時25分に起床すぐに朝食、8時50分はホテルを出発と、少しタイト。

スタート地点でミーティング。
FB_IMG_1487080381221
ここで自分に出されたチームオーダーはアランと交互にアタックに反応。
逃げに入ること。
FB_IMG_1487080368197
それを頭に入れつつ、
FB_IMG_1487080376515
スタート地点へ!!
FB_IMG_1487080214485
スタートは一番前で位置取り。
FB_IMG_1487080230672
最初はニュートラルスタートなので、コミッセールカーの後ろをキープ。
2クラスとは違う緊張感(逃げたいプロコン、あまり逃したくないプロツール)…..
しれっとキープ。

0キロアタックをかけて飛び出すも決まらず、カウンターアタックに反応したアランが逃げを決めた。
FB_IMG_1487093114821

その後はチームメイトと固まりながら距離を消化。
とにかく暑い上にペースは速い。
こんなのがいたのも写真で見て知りました。
FB_IMG_1487093120334

自分としてはこの風を起こすテレビヘリ
FB_IMG_1487093132926

がなぜか迷彩色なのがすごく気になるところ。
すぐそこ飛んでるので映画みたいな風景。

そんな中、穴に落ちてしまいホイールを破損。
あの大きさの穴に落ち、走り続ける事が出来るBORS ULTRA。
素晴らしい。

交換し終え集団復帰するついでにボトルの補給。
かなり暑い….

8人出走なので、持っていくボトルも多い!
トラブルがあってもこうゆう仕事はきちっとやらなければいけません。

その後はアランがいる逃げグループをプロツアーが少しずつ、正確に詰めていく。
FB_IMG_1487080439509

しかし、残り10kを切った所で集団落車。

この落車に今回個人総合を上位で入るのを狙うイワンが巻き込まれ、
FB_IMG_1487080460558
それをフォローする為バジョッリと二人でストップ。
こうゆう落車があるとゴムの焼ける独特の匂いがするんです。
あまり好きではないこの匂い。

監督から無線で『二人とも今は待つ必要はない!一人の方が車列を使えるから集団後方で待て!』との指示。
FB_IMG_1487093099407

FB_IMG_1487080456089
確かに一人の方が間違いなく良い。前回のレースでは自分自身が心からそう思ったから….

残りの距離が徐々に詰まっていくがまだ来ない。
ラスト3kを切り、後ろを見ると車列にスペースが!「これでは車列が使えない…」
と自分で判断しストップ。
イワンと合流し、全開で踏んでいく。残り1kを切り集団まであと少し!!!
とここで力尽きてしまった。あと10m……
スピードが上がりきってくるとこの少しの距離が半端じゃなく遠いんです。

最後のあの距離を詰めれず、イワンを集団に戻せなかったのがかなり残念である。

明日も逃げにチャレンジします!!

こちらもチェックお願いします!

アラッシオにてミニキャンプ〜オマーン。

2017年02月13日

アラッシオでのトレーニングキャンプを終え、今はオマーンにいます。

トレーニングキャンプは二日ほど雨に降られた(誰か雨男がいる。。。)ものの、指定されたメニューは順調にこなせました。
DSC_0015
3月に開催されるグランフォンド アラッシオのコース解説(実際に走って)をデネグリト2人でSKYのバイクチャンネルの取材も受けてきたり!!
FB_IMG_1486739215614

土曜日の夜便にてオマーンへ出発。
今回はオマーン航空!!!聞いたことある人はきっと少ないでしょう。
僕は少し知ってました。(笑)あるブログを見て(笑)

チームでの移動は荷物がとにかく多い!
見てください!

DSC_0051

監督、メカニック、マッサージャーがとにかく頑張ってくれるおかげで負担も最小限に済みます。
DSC_0049

荷物も無事に預け、ボーディング。
DSC_0057

シート配列が2-4-2なので、結構余裕がありますね。
IMG_20170211_212059_967

隣はイワン!!めちゃ細いのでさらに余裕が生まれる。笑
セキュリティービデオはいつもちゃんと見ておきましょー!!
DSC_0064
イタリアを夜発、現地には朝着なのもかなり良い!!!

寝て、起きたらオマーン!
IMG_20170212_081500_807
オマーン国際空港にはボーディングブリッジがない模様。
こうゆう写真も撮れてしまいますね。
IMG_20170212_081500_807

預けた荷物もこの通り、無事に到着。
DSC_0067

ホテルは空港から5分くらい!
凄く楽!

午前中はゆっくりして、午後からトレーニング。
IMG_20170212_185945_619

チームカーは前回参戦した2013年と変わらず、トヨタ ランクル。
IMG_20170212_185611_133

でかい……

IMG_20170212_185708_629

エコという言葉はこの国にはきっとないだろうな。
と思うほど、排気量の大きい車しか見ません。(笑)
(日本車はかなり高い割合で走っている。得にランクル)

おかげで街中の空気もそんなに良く感じませんが、郊外に行けば乾いた土地が広がり、空気も良い!

DCIM103_VIRBVIRB0387.
DCIM103_VIRBVIRB0387.

かも…..

明日からいよいよ始まるツールドオマーンUCI2.HC!!

ホームページはこちら!!

チームの公式FBページもぜひチェックしてください!!
公式FBページ

開幕戦!

2017年02月06日

今シーズン最初のレース!
そして、久しぶりのイタリアでのレース!

昨日の夜、少し緊張してたのは今だから言えるお話。
すぐ寝ましたが。笑

起床し、朝食。
今日は総距離200k、そして雨予報なのでハムやゆで玉子を食べながら炭水化物をしっかり摂る。

レース会場へバスで移動し、スタート前にミーティング。
昨日既に監督と話、逃げにチャレンジしたい!と話していたので、チームオーダーとして任されスタート!
アラン、フィロージと僕の三人がその仕事。

最初はなかなかびびってしまい、前に行けず….

しかもちょっとミスり、一番後ろに行った瞬間まさかの横風一列棒状。
さらに無線から『おいウチマ!てめえ何やってんだ???前でアタックに反応しやがれ!』
まさにその通り!

ひたすらアタック合戦が続く今日。
そして、登りに突入!
チャンス!昔だったら絶望のはずだけど。

頂上までに位置を上げ、下りで先頭へ。

そこから今までを挽回すべく、アタック。
途中四人で抜け出す。「今までのアタック合戦で疲れたろみんな!?終わらして上げる!タイミング的にも行かしてくれるでしょ?」

と思って全開で踏んでると….

集団が2つに分かれながら追いついて来てしまった…..

そして、次に行った逃げが容認。

たしかに良いタイミングだった!!

そこからはチームメイトと調子を聞きながら皆で固まりながら距離をこなしていく。

降り続く雨。
どんどん悪くなる天気であるが、濡れた路面は嫌いではない。
しかし、集団の中は別。
得意ではなさそうな選手、さらに前が見えずらく、急ブレーキなども良く起こる。

そうゆう状況なので、皆で前をキープするのは大事なのである。
最後の登りが近付いてきて、少し風を受けても後ろのチームメイトの為に前をキープ。

登りに向け、距離がさらに縮まってくると集団は位置取りがかなり激しくなる!
そんな中、チームメイトに『カッパを持って行ってくれ!』と渡され位置を下げた後。

前で数人が落車。「えーなんでここで落車するかなー?」っと考えながら
ドリフトしながら突っ込み停車。実は僕、こうゆうタイヤをロックさせながら止まるのは練習だと絶対俺は転ぶからやらない!と思うほど苦手なんです。
でもレース中はナゼか?上手く出来ちゃうんです。
止まったけど、後ろが来る…..と思いきや!
後ろの選手は転んでいたおかげで突っ込まれずに済んだ!

※自転車レースは、前でクラッシュが起き、上手く自分が止まれても後ろから来る選手が突っ込んでくる事が多い。

スタートしようとすると、マリノが地面に!

何とも今日はいろいろある男なんだ….

と思いながらスタート。
そこからは大雨の中、チームカーを掻き分けながらメイングループへ戻ろうとするも…..

戻れず、ラスト30kでレース終了。

チームの成績はエドワードが最後まで前に残り9位!!!

僕自身はかなり不完全燃焼な終わり方をしたが、去年の12月からチームトレーナーの練習をこなし、今日を迎えて自分がちゃんと強くなってる!
(序盤の登りで良い感触を受けれたのが良かった)

と認識出来たのは大きく自信に繋がる1日であった。

明日からは再びチーム合宿!!

ちばります(^^)

今朝はスペイン、そして今は….

2017年02月04日

スペイン、バレンシア地方。

すっごく良いところでした。

車の自転車に対する意識はやはり全然違います。1.5m離れよう!!というルールがしっかりドライバーに行き渡っていますね。

そんな走りやすく、ふと周りを見渡せばオレンジ畑が広がるこの地ともおさらば。
_20170203_191111

今朝の6時半のフライトでバレンシア〜ミラノ,ベルガモへ移動。
DSC_0418

隣に偶然座られた方も自転車が好きだそうで、すぐに仲良くなりFB友達となりました。
そうそう、ヨーロッパではエレベータで一緒になった人とも挨拶する。っという言葉を見たことある人いるかもしれませんが、
あれは確かに当たっていると思います。今回の合宿でも良くそうゆうシチュエーションがありました。
こうゆうとこもヨーロッパの好きなとこですね(特にスペインは!!)

2時間のフライトを終え到着したベルガモ。

天気は!!!!

DSC_0419

雨、霧!!!

予想通り!

近くに住むチームメイトのニコラスが連絡してくれて一緒にジムへ行き、その後彼のお家へ。

IMG-20170203-WA0000

大の日本好きな彼の家で飼っている犬は

秋田犬!!!

名前は新山!

僕の事をめちゃくちゃ匂い嗅いでました。笑

日本を感じたのでしょうか?笑

そんな昼を過ごし、夕方天気が回復したので少し外へRide。
朝はオレンジ畑が広がるバレンシアから昼にはブドウ畑が広がるイタリア北部,ベルガモ。
そんな移動をこなすのも自転車選手ならではですね(^^)

_20170203_190441

いよいよ明後日、日曜日はシーズン開幕戦!!
GPコスタ・デリ・エトルスキ

チームのホームページも合わせてご覧ください!!

レースのFBページ

スペイン合宿!※ようやくこの合宿についての記事です。

2017年01月30日

寒いイタリアを脱出して、やってきたスペイン。
僕らが滞在しているのはカルペという街です。
IMG_20170128_153528_538
この地方、暖かいのでいろんな国の選手が(プロ、アマ問わず!!)走り込みをしに来ているのです!!!!
今回滞在しているホテルにはカチューシャやディレクトエナジー、そしてジャイアントも滞在し、レストランは選手だらけ。

なんかレースに来ているかのような雰囲気です。笑

この地方、暖かいから走りやすいだけではないんです!
IMG_20170126_094528_796
練習中、車が来てもまず強引に抜いていくことはしません。直線区間で対向車が来ないのをはっきり確認するまではじーっと後ろで待ってくれます。
かなり多くの運転手がそうしてくれます。※たまに強引に抜いてくる他の国名が書かれたナンバーの車もいますが。

IMG_20170128_175202_080
選手はもちろん。一般のサイクリストも走りやすい!ので、多くの一般サイクリストもここに来てバカンス&ライドを楽しみに来ているようです。

しかし….

天気最高!と思ったのは初日だけ。
最初の1週間は雨、あられ、雪(まさかの!!)、そして週末は台風並みの悪天候!

ローラーを持って来ていない僕らは途方に明け暮れました….

その天気も週明けには回復し、外へ繰り出すとこの地方にとってどれだけふりすぎた雨なのかが、山の斜面や道路を見て納得。
あちらこちらで土砂崩れが起き、道路にも大量の土砂が….
多分イタリアだったら当分このまま…..

スペインは!ほぼ1日で撤去完了してました!!!

DCIM102_VIRBVIRB0249.
DCIM102_VIRBVIRB0249.

これには衝撃。

おかげでその後、順調にトレーニングもこなし2月から始まるシーズンインに向けてしっかり乗り込めています(^^)

GARMIN VIRB ULTRA30
で動画の撮影や写真を撮っていますが、このカメラ4kで撮れたりするんですが、一番良いな!!
っと思ったのは、3軸スタビライザーが内蔵さえているので走行中のブレがすごく抑えられるんです。

こちらの動画をご覧ください(^^)


ちなみにスピードや高度は内蔵されてる加速度センサーやGPSの情報を元に画面に表示されてます(^^)

写真もこんな感じで!!

IMG_20170126_171741_701

IMG_20170126_165546_113

今年は色々このカメラを使って撮っていきたいと思います(^^)

スペイン合宿

2017年01月20日

さて、LASPEZIAでのチームトレーニングキャンプを終え、個人合宿という名の元やってきたのは!!
Spain,calpeという街。
_20170119_194810

移動を開始したのは月曜日の朝。
ボローニャ発のバレンシア行き。
今回移動に使う航空会社は!!
_20170119_192155
ライアンエアー!!※以下FR

FRといえば格安航空会社でかなり昔から飛んでいるので、きっと乗ったことがある人も多いのではないでしょうか?
どれぐらい安いか??

検索してみましょう。
日付は適当に1月27日。
ミラノ,ベルガモ〜パリ,ボーヴェティレ空港

Screenshot_2017-01-19-19-27-32

34,99ユーロ(4270円1€122円2017/1/19)!!!

前日の木曜日は12,74ユーロ(1554円)!!!

安さがお分かり頂けたでしょうか?

手ぶらでパリまで行ってきまーす!
とバスに乗る感覚で乗れる航空会社なんです(^^)

そう。手ぶらで!

一応、機内持ち込みサイズのスーツケースは持ち込み可能ですが、大きな荷物を預ける場合は預け料金を払わなければなりません。

そして僕は常に自転車があるので、自転車料金も。
気になる自転車料金はオンラインだと60£(8500円)、空港で払うと70£(9940円)!1£142円(2017/1/19)

さらに気になる預け荷物。
こちらは路線によっても値段が変わりますが、オンライン決済だと15-50£(2130-7100円)
空港のカウンターで払うと…..

35-60£(4970-8520円)

自分でオンライン決済する事がコストを抑えるコツです。

搭乗の前にさらに、自分でオンラインチェックインもしなければなりません。
これを忘れると、45€(5400円)の罰金!!!!

さらにさらに!搭乗券も自分でプリントアウトしないといけません。
もしプリントアウトしても持ってくるのを忘れたら…..

15€(1830円)の罰金。

空港のカウンターにいる人の仕事を自分でやる。
それがFR!!

ちなみに座席のシートピッチも詰め詰めです。
_20170119_194704

色々慣れてなければ大変な航空会社ですが、車で移動する時間を考えたら全く気になりません!!

面倒ではありますが、コストを抑えてヨーロッパを飛び回るには良いのではないでしょうか??

無事に着いたスペイン,カルペ。
20170116_162735
この日はすごく暖かく、気持ちの良い1日でした。
20170116_174821

この日はね…….

続く。

チームトレーニングキャンプ

2017年01月17日

最初に!!
チームのプロモーション動画!
世界遺産のチンクエテッレ!
そしてドローン、撮影スタッフを駆使した映像です!
ぜひご覧になってみてください(^^)
※データ通信量にご注意ください。

チームプレゼンテーションを終え、本来は同じ場所でトレーニングを開始する予定でしたが、

残念ながら、雪予報が続くのと積もった雪が解けない為にラスペツィアという街に移動。

20170108_092524

この日は日曜日ということもあり、トラックは移動できない(食品を輸送するトラック以外は走行禁止)為チームカーの上に自転車フル積載!!!

こんな感じで!
20170108_095357

順調にラスペツィアに移動。
アドリア海側からティレニア海側へ移動すると…….

20170108_135014

雪が無くなりました!!!

ガッツポーズ!
20170108_135057

いよいよトレーニングが開始。
まずは4時間半から5時間のトレーニング。

15972574_748749095277214_8657647040297417906_o

ラスト2日間は6時間越えのトレーニングプラン
15972574_748749095277214_8657647040297417906_o

毎日しっかりリカバリーの為にマッサージャーが頑張ってくれたおかげで最終日もしっかりこなせ、無事に終了!

シーズンインの為の準備をしっかりやっていこうと思います。

最後に!
チームのオフィシャルFacebookページ

こちらも是非チェックして頂けると嬉しいです。(^^)

チームプレゼンテーション②

2017年01月13日

前回の記事に引き続きたいと思います(^^)

チームプレゼンテーションが行われるオペラ座に到着。
入り口にはこのようにチームカーが!去年から使用しているマツダ、アテンザ!。
20170107_145523

中に入ると…..

img_20170108_124435_093

オペラ座に入るのは初めてですが、まさかこちら側から見ることになるなんて…
と少し感激。感激したのだが….
前回のブログにも書いてあるようこの日は雪。そしてこの古く歴史のある建物。
正直、かなり寒い待機時間でした。(苦笑)

そこへNIPPOの岩田裕美社長も到着。
fb_img_1483868017899
※隣で見ていて「この格好は絶対寒い…」と思い、予備で持っていたホッカイロを差し上げました。
これを一般的にはごますりと言いますね。
本当に寒い待機部屋でした。

そんな部屋も開始時間と共に温度上昇!
fb_img_1483867998625

岩田社長のスピーチから始まり、
fb_img_1483868004224
岩田社長は先日見舞われたイタリア中部での地震について、そして日本の地震についての痛みを分かち合える存在。
共に頑張ろうとスピーチし、たくさんの拍手に見舞われていました。

VINIFANTINIのショッティ社長
fb_img_1483868021174

fb_img_1483868021174
自転車競技をサポートする素晴らしさをスポンサーとしてアピールしていました。

fb_img_1483868034706

DEROSAのクリスティアーノクリスティアーノ社長。
fb_img_1483868030225

fb_img_1483868034706

チームのGMであるフランチェスコ氏
fb_img_1483868037013

ディレクター陣
fb_img_1483868053420

fb_img_1483868057967

そしてNIPPOと長年に渡って活動して着た大門氏。
fb_img_1483868061903

ファンやスポンサーがこのような視点から見るチームプレゼンテーションは日本ではなかなか見ることが出来ないのではないだろうか?

fb_img_1483868074541

fb_img_1483868089148

首脳陣のスピーチを終え、次は選手紹介がスタート。

この選手紹介、数人がインタビュー形式で答えたのだが、始まった後に『内間もね!』
っと伝えられ「おっ!とりあえず日本人アピールするか!」と考え、何がいいかなー….

と考えながら

いよいよ自分の番

fb_img_1483868104978
なんか連行されてる感じが….笑

fb_img_1483868108600

「2011年から3年間イタリアで走っており、再びこの大好きなイタリアに戻ってこれてとても嬉しい。NIPPO VINIFANTINI DEROSA 万歳!」

最後の万歳は結構反響ありましたよ!
イタリア語では「VIVA」ですね。

fb_img_1483868125734

今年使用する新型プロトスも壇上に!
良い色です。

このバイクについては、また後日詳細をアップしようと思います。

最後は全員で記念撮影
まずは選手のみ。
fb_img_1483868148246

選手、スポンサーの皆様と
fb_img_1483868162547

ディレクター、スタッフ、選手で!
fb_img_1483868168771

さらにはこんなメンバーで!
fb_img_1483868181165

撮影も終わり、場所を入れ替えて
img_20170108_124645_010

懇親会!

VINIFANTINIのワインが出され、どんどん注がれます。

fb_img_1483868190176

こんなケーキも!

fb_img_1483868201242

もちろんシーズンが始まろうとしているので、アルコールは無し(ちょっと口につける選手はいますが)
こちらのケーキもほんの少しだけ!

朝からフルスロットルで過ごした1月7日。
とにかくこうして活動をスタート出来た事、そしてサポートしてくれるNIPPO、VINIFANTINI、DEROSA。
そして多くのスポンサー、応援してくれるファンの皆様に感謝しています。

2017シーズン!
スタート!

チームプレゼンテーション

2017年01月11日

2017年1月7日
fb_img_1483868148246

いよいよチームとしての活動がスタート!!

この日、チームプレゼンテーションがヴィーニファンテーニ本社を構えるオルトーナで行われました。

この日を振り返っていこうと思います。

午前はスポンサーの方々を交えてのファンライド!!
の予定でしたが、僕が到着した日からここペスカーラでは雪が降り始め、一晩でこの通り。
20170110_181104

どうしたものか….せっかくのスポンサーの方々とのライドがこれでは出来ないじゃないか。
と思っていると

ジュリアーニ監督が『全員でスピニングバイクをするぞ!!』
と提案!これはこれでかなり楽しいのでは????

と期待しながら移動。
20170107_103319
この人数で乗る光景はなかなか見れないのでは?しかも全員同じ格好!
20170107_103329
隣には中根選手!

結果。
かなり盛り上がりました。20人以上でスピニングバイクを漕ぐ光景は壮観でしたね!
プレゼンテーションの為に顔の浮腫みも汗をかいて取れたので一石二鳥!

一度ホテルに戻り、再びオルトーナへ向けて出発。
チームのバスを運転するのはメカニックのストッコ。彼、めちゃくちゃ運転上手です。
20170107_140758
「こんなとこ無理でしょ!!」っと思うとこも入って行ってしまう凄腕。

気になる天気も太陽が出始めなんとかなりそうな予感!!!
アランと!
20170107_140655
マリノと!
20170107_140809

クネゴ!!
20170107_145427
僕が高校生だった頃、彼に憧れてサドルを買った思い出が懐かしいです。

さらにはジュリアン!
20170107_145438
2012、13年を一緒に戦った彼。実は彼との最初の出会いは高校生の頃…..
ん?高校生?
と思う方がほとんどでしょう。
日本代表の遠征、ツールド ラビティビに参戦した時とにかく海外チームと交流しまくった僕ら。
ある日コロンビアチームの一員に凄く変な笑い声を出す選手がいるのを発見。しかもその選手はナショナルチャンピオンジャージ(その国の選手権で優勝した選手が一年着れるジャージ)着用者!!!

そんな選手が!しかもかなり変な笑い声!
仲良くならずにいられなかった僕らは彼と、そしてチームコロンビアと仲良くなりました。
そこからさらに……

2011年、イタリアで一人で練習していると後ろから抜いてきたグループ。せっかくだからと付いていくと見慣れた顔が…..

そう。

まさかの彼とイタリアで再会したのです。

そんな彼と一緒に2年間過ごし、一度離れて….今シーズン再び同じチームとして戦います。
何かの運命でしょうか。

ちなみに、後ろで手を挙げているのはクネゴです。
顔が入らなかった…..笑

この後、チームプレゼンテーションの会場に到着!

続きはまた次回!

今シーズン最後のイベント!

2016年12月30日

最後のイベントは二年前から小さく開催しているファン感謝サイクリング!

今年は久米島を舞台にしたサイクリングを企画!!!

_20161230_173630

JTAさんにも協力してもらい那覇から久米島まで30分のフライト!

dsc_0044

午前10時にホテル到着、普通はチェックアウトの時間。しかし!!!

今回宿泊したホテルはリゾートホテル久米アイランドこの時間にチェックインさせて頂きました。

すぐに自転車を組み立て、皆で集合写真を撮りました。
fb_img_1483086521717

ゆっくり島をライド。
国指定天然記念物の五枝の松!
fb_img_1483086526917

DCIM100_VIRBVIRB0038.
DCIM100_VIRBVIRB0038.

さらに登ってるように見えるのに下っている不思議な坂『おばけ坂』

DCIM100_VIRBVIRB0051.
DCIM100_VIRBVIRB0051.

ライドも後半に差し掛かり、海へ!

DCIM100_VIRBVIRB0081.
DCIM100_VIRBVIRB0081.

DCIM100_VIRBVIRB0079.
DCIM100_VIRBVIRB0079.

DCIM100_VIRBVIRB0087.
DCIM100_VIRBVIRB0087.

DCIM100_VIRBVIRB0088.
DCIM100_VIRBVIRB0088.

DCIM101_VIRBVIRB0098.
DCIM101_VIRBVIRB0098.

サトウキビ畑に囲まれるのも沖縄ならでは!

DCIM101_VIRBVIRB0106.
DCIM101_VIRBVIRB0106.

こちらは琉球松です。

DCIM101_VIRBVIRB0109.
DCIM101_VIRBVIRB0109.

抜きざまに写真撮影。

久米島は車も少ないので本当サイクリングには最高なんです!

DCIM101_VIRBVIRB0130.
DCIM101_VIRBVIRB0130.

DCIM101_VIRBVIRB0131.
DCIM101_VIRBVIRB0131.

DCIM101_VIRBVIRB0132.
DCIM101_VIRBVIRB0132.

こうゆう風景は離島ならではですね!

DCIM101_VIRBVIRB0151.
DCIM101_VIRBVIRB0151.

この後昼食を食べ、走り足りない健脚組で再びライドへ!
dsc_0061
周りの風景から分かると思いますが、結構登りました。笑
_20161230_173254

下って。
_20161230_173329

海に到着!
dsc_0070
dsc_0069

畳石を見に行きました!※国指定天然記念物の奇岩郡
dsc_0073

_20161230_173418
しっかりと走り、夕方4時頃ホテルに帰り着くとすぐさま特典であるバーデハウスへ!
バーデハウス 海洋深層水を使用したドイツの伝統的温浴療法

ライドの疲れをみんなで取ってきました。

夕食はすき焼きもしくはキムチ鍋!
さらに

参加者の皆さんへのプレゼント抽選会!
僕が使用したウェアーや、ボトル。そしてオークリーストア ライカムに勤めている方からのプレゼント&チーム沖縄のジャージセット!
さらに参加者全員に必ず当たるよう数も用意したおかげで、皆楽しく過ごすことができました(^^)

この時、写真撮るのをうっかり忘れてました….

翌朝、再びゆっくりと違うアプローチで島を一周。
昼ごはんを食べた後、近くのビーチへ。

_20161230_173518

二日間、とても良い天気で参加してくれた皆さんも久米島を楽しんで頂き、とても嬉しかったです。
また来年、ここでファン感謝サイクリングが出来たらなー!
と思いながら島を離れました。

協力してくれたJTA様、久米島観光協会様。そしてアーリチェックイン&レートチェックアウトや自転車の保管に協力してくれたリゾートホテル久米アイランド様。本当にありがとうございました!

_20161230_173704

※今回株式会社いいよねっと様から提供して頂いたVIRB®︎ULTRA30を使用して動画の撮影や静止画の撮影を行いました!
一部スマホのカメラ機能も使用して撮影しています。

ツールド沖縄の後

2016年12月10日

11月13日、ツールド沖縄の翌日は羽田に移動し火曜日の午前便(パリ経由ボローニャ行き)で渡欧。

シーズンも終わったので、少しゆったりした日程での移動となりました。

いつもと少し違うのは

何でも食べれるという事!!

という事で

キャセイのラウンジへ。
_20161209_160859

普通に和食。
_20161209_160953

そして
_20161209_161107

キャセイのラウンジはかなりクオリティー高い!!
_20161209_161043

人も少なくゆったりです。
_20161209_161021

景色も一番高いところに位置してるおかげで最高。

搭乗時間が来たのでゲートへ。

今回はマイルを使用してのアップグレード。
なんか去年より必要マイル数が大幅にアップしたような気が……..
_20161209_161147

ま、あまり気にしないようにして….

今回は通路側、窓側にいつかは座ってみたいもんです(^^)
_20161209_161314

アメニティーのケースがゼロハリバートン!!
_20161209_161250
これは後々充電ケーブルなどを収納するのに役立つんです!

この後、楽しみにしていたミールサービス!
_20161209_161407
フォークにもJALの刻印が!!!!
_20161209_161435
ヒレステーキも美味しくいただきました。(ウェルダンだったけど)

こっち側を担当していたクルーの方、いろいろ話をして行くと自転車乗っててJAL自転車部とのこと!!
かなり驚きの事実。さらに、もう一人の方は沖縄に引っ越して来て沖縄を拠点に飛んでるという!

という感じで楽しくフライトを過ごし、パリへ到着。

そこで成田便で来た窪木と合流。
同じフライトでボローニャへ。

しかし、ボローニャへ着いたのは僕のみ。(笑)

不思議な事がいろいろありました。

翌日、無事に?窪木も到着。
しかし彼の自転車は行方不明。

まあそこは気にせず….

彼を回収してそのまま車で移動。
着いたところは_20161209_161508

フィッティングです。

_20161209_161604

まあまあ変わり違和感があるものの、とりあえずこのポジションを使用してみる事にします。
今までにない事なので見えなかった世界が見えてくるかもですからね。
_20161209_161604

夜は少し時間があったのでバスでボローニャの中心へ。
_20161209_161648

イタリアに来たのにハンバーガーを食べたとさ。

そして

それは今までで一番美味しくないハンバーガーだったという、良い思い出になったイタリア二日目でしたとさ。

毎年恒例の!サイクリング。

2016年11月23日

シーズン最終戦のツールド沖縄が終わった翌日から少しいろんな事してました!

さて、ご存知の方もおられると思いますが、12月23日と24日の一泊二日で僕の両親の故郷である久米島にて毎年恒例のサイクリングイベントを開催させて頂きます。

今回は例年と違い、本島では無く移動が必要な久米島。
という事もあって中央ツーリスト様、そして『うちな〜の翼JTA様』にもご協力頂いています。

詳しくは

こちら

一緒に走り、そしてプレゼントも用意しているので是非こちらへ
株式会社中央ツーリスト本店
098-854-5454 FAX 098-834-1750
是非お問い合わせしてください(^^)

ツールド沖縄!!!

2016年11月14日

9月から調子を崩していた自分。

10月も毎週毎週凄く大事なレースが入っていましたが、その時は「間に合わない….」
そして「大事なチームのお金をこんなレースの走りで…」

っと凄く申し訳なく感じていました。

それと同時に「今年のツールド沖縄はやってやる!!」と意気込んでいました。

さいたまクリテリウムの後、サポートしていただいてるかりゆしグループのホテル『かりゆしビーチリゾート オーシャンスパ』にて集中合宿。
_20161114_192230

本番1週間前までで練習は終了。
月曜日は1時間サイクリング、
_20161114_191107

マッサージ。火曜は完全休養日。
水曜日軽く3時間走り、木曜日はカーペーサで短時間高強度トレーニング。金曜日は1時間サイクリングして、土曜日は自然と朝早く起きて散歩_20161114_191025
増田さんと出会い、お話しました。笑
その後9時からチームで2時間半ほどトレーニング。スパイス見れなかった…..誰か録画見せてください。涙

安見マッサーに受ける最後のマッサージ。
_20161114_191232
写真はゾノこと西園さんです。

_20161114_191000
さらにゾノこと西園さんです。

_20161114_191254
さらにさらにゾノこと西園さんとスプリンター鈴木。

こんな感じで過ごした土曜日はいつもより多めに、そして内臓が疲れない程度に食事をとりカーボローディング。
程よい疲れを残し、しっかり睡眠。

朝ごはんも特に多く食べず、こまめに少しづつ摂るのを心がけて!!(ザバスのエネルギーゼリーは効果的!)

リラックししながらスタート。
今まではガチガチになりながら走ってましたからね。先輩の普久原さんのアドバイスがかなり身に沁みる…..

さて!
今年のレースはすごく楽しい展開でしたよ!!!

まず、アタック合戦が与那の入り口まで!!!
平均47km/h????
received_670350806465755
Photo by Hideaki Takagi

龍を除く全員で分担して反応。※龍はゴールスプリントへ向けて温存指令。

5名と少ない出走人数の為、フォローし合う事が大事。
2年前は中盤まででチーム力を使いすぎたので、その教訓を生かす。

四人の逃げが決まったが、終盤まで逃すのは良くないと判断してもらい、初山が他のチームと協力しコントロール。
2回目の与那の登りでペースを上げてくれて、作戦の第二段階。

安波の登りでペースがさらに上がり集団は分裂。
そこからさらに分裂し、8人程で抜け出す。
received_670350849799084

received_670350879799081

Photo by Hideaki Takagi
ここで要注意なのはブリッツェンの増田さん、そしてキナンのジャイさん。

さらに最後の羽地の登りはこの人数で行くと自分にとって都合が悪い….

と考えて

カヌチャの手前でアタック!!という監督のアイデア「実は前からここのポイントは気になっていた。」

これを実行するチャンス!

と思い、もしダメでも後から後悔しない!とアタック。後ろを見ず踏み続け、追いついてきたメンバー(増田さん、ジャイさん、ベンジャ)

なんて事だ。

と思うがこうなったら行くしかない。
と腹をくくり

最後の羽地への坂へ突入。
received_670350933132409
Photo by Hideaki Takagi

ここで増田さんがアタック。

残念ながら、見た瞬間にこれは難しい….

と一瞬で判断。

でも、登りきりでジャイさんに「俺たち二人なら協力すればきっと追いつける。」と話し追走するも差は縮まらず。
received_670351093132393
Photo by Hideaki Takagi
そして残り1km

ジャイさんのアタックに反応できず、3位でゴール。
received_670351113132391
1位でゴールした選手のみが評価されるのも自転車ロードレース。

それを目指してチームメイト全員で走りましたが、それを実現出来ませんでした。

しかし

このブリヂストンアンカーでの最後のレース、そしてかずおさんと走る最後のレース。地元開催ですごく応援してくれるレース。

そんなレースで表彰台に乗ってみんなの前でインタビューしてもらえて本当に心に残る1日でした。
received_670351123132390
Photo by Hideaki Takagi

_20161114_192010
応援してくれた皆さん、参加して沖縄の道を楽しんでくれた皆さん。ありがとうございました。

チームメイト、水谷監督、中山メカ、安見マッサー。
ブリヂストンサイクル、ブリヂストンタイヤの皆さん。
僕を成長させてくれてありがとうございました。
_20160629_193840

来年から始まるさらに厳しい世界へ向けて覚悟を決めて走っていきます!

という事で明日からイタリア、ボローニャへ行ってきます。
今日も良い一日でした(^^)

チャオ。

ツールド沖縄、ブリヂストンタイヤ本社!そして土曜日の朝は!!

2016年11月11日

9月は調子が上がらず、そして10月のレースもかなり良くない結果になってしまいましたが、

ブリヂストンアンカー所属での最終レース、ツールド沖縄の時期がとうとうやってきました!!!!

このレースにかける思いが色々ある、このメンバー!!!

めちゃ色んな職業の人がいます。

自転車屋さん、お土産屋さん、大学生、そして海兵隊員に空軍パイロット。

dsc_2066

次の日も同じメンバーで!
_20161106_222607

あ!!!!
そうそう。
先日、トライアスリートの上田選手と共にブリヂストンタイヤの本社へ!!!
そこではたくさんの社員の皆様、そして津谷正明代表取締役が迎えてくださり、リオデジャネイロオリンピックの感想と応援してくれたお礼等をさせて頂きました。
そして2020東京オリンピックへ向けてもワールドワイドパートナーとして頑張って行きましょう!!!!
とご挨拶させて頂きました。

_20161031_204918

ブリヂストンタイヤ本社の24階から見る景色は凄く綺麗でした。
_20161110_204305
素敵な時間を過ごさせて頂き本当にありがとうございました。
これからも頑張ります!!!

さて!明日の土曜日。
見てもらいたいのがあるんです!!(沖縄限定!)

前回出させていただいたQAB朝9時半から放送の『スパイス』!!
前回結成した自転車部!!
ツールド沖縄もありますし!練習してきましたよ!
dsc_20892

というか!
僕は練習中にたまたま見つけて乱入!
dsc_2090
あ、めちゃヘルメットずれてる….

ツールド沖縄で来沖中の皆様、ぜひチェックお願いします。
明日の朝!!!9時30分!QABですよ!!!

土曜日、日曜日は楽しみましょー!!!

表彰台で頂いた花束。

2016年11月02日

J:COM ツールドフランス さいたまクリテリウムで、日本チームで優勝し、
表彰台に登り

fb_img_1477737147765

※写真はチームのフェイスブックより。

頂いた花束。

この花束がどうなったのか書こうと思います(^^)

今年になってたくさんの花束を頂きましたが、男の自分でも花はもらっても嬉しい!
っとか強く感じます。

ということで

今回頂いたこの花束…..

いつも色々お楽しくチェックインさせて頂いてる羽田のグランドスタッフにプレゼントしよー!!!
っと考えたわけなんです。

グランドスタッフとはいえ知らない人。
普通渡す人はいないだろうなー。
っと考えながらチェックインカウンターへ。
(乗るフライトのチェックインは携帯で既に済ましてるので本当は行く必要ないのだが…)

チェックインしながら、「あ、実は今日レースに参戦してきてチームで一番になってきたんですよー!それで表彰台で花束頂いたんですが、………ゴニョゴニョゴニョっという事でこの花束、プレゼントしたいんです!」
※ゴニョゴニョの部分は内緒。

っと伝えてみると

えー!!!!
っとなり。笑

もらってくれました。笑

そのあとラウンジに行くと、受付の人にもその話が伝わっており、
『お疲れ様でしたー!!実は友人も観戦に行っていたんです!!!』

っとかなり盛り上がり、祝福レター&飴玉を頂き搭乗口へ。

ここでまあ終わると思いきや、まだ続きます。

フライトの搭乗時間になり、搭乗すると

CAさんが席まで来てくれて『お疲れ様でしたー!!地上から話は聞いています!!』

っとここでもかなり盛り上がり!!!

離陸後

今度はさらに

チーフパーサーがまたまた席まで来てくれて色々話をして盛り上がり、
すごく楽しいフライトとなりました(^^)

羽田というかなり大きい空港にて、まさかこんな風に伝わってこんなに盛り上がって行くなんて、
ホントっ!!!予想してなかったので驚きでした。

この一回だけで終わらせようと思いますがね!!!!

ちなみに

着陸後、降りる順番待ちをしている際、後ろにいた人から話しかけられて、事情を説明した後に
「こんな素敵に、楽しくしてくれるJALにまた乗ってください!」
って言った時に横にいたCAさんが凄く嬉しそうにしてたのが、凄く印象的でしたね(^^)

んでもって最後に

チーフパーサーにお礼しよっ!!
って思って行ってみると、何か作業している??と思っていると

_20161102_203343

Wow……

これを作ってくれていたんです……
※左下のレターはラウンジスタッフより。

付属の台に飾ろー
って思い機体の下を見ると

_20161102_203406

なんと機体下にも書いてある!!!!!

最後まですごく嬉しいプレゼントを頂きました。
白岩チーフパーサ、話をした時に「今沖縄では世界のうちな〜んちゅ大会が開催されてるんです!」
っと伝えるとアナウンスでもこの事を話してくれたりしてくれて、最後まで凄いなー!
っと思う方でした。

また
空の上でお会いできますように。

最後に

初山のおかげでチームで表彰台に乗れました!
初山、ありがとー!

J:COM presents 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

2016年10月31日

_20161030_170920ツールドフランス さいたまクリテリウム
_20161030_171133
毎年出場(4回!!)させてもらっているこのクリテリウム、自分のなかではきっと忘れる事のないであろう事をしでかしてしまいました。
_20161030_171116

_20161030_171048
昼前に全ての準備を整え、ラフレさいたまを選手全員でスタート。

スタジアムの中へ!!
_20161030_170947
少し時間を見つけてチームメイトと一緒に。

レースが始まる前にパレード走行。

トンネルの中ってなんか不思議な感じになりません??

ポイントレースを終盤独走していつも以上にドキドキしながら走り、すぐにクリテリウムの準備をしてスタート。

スタジアムで隊列を整えて、スタート地点でストップ。
これで勘違いに向けての準備がスタート。
そしてレースもスタート??

実はこの少し前にチームメイトの龍に「スタートアタックいっちゃえー!!」と話す内に自分が行きたくなり…..

Uターン区間でアタック!
しばらくして釣られて来た数人とに逃げを形成。

しかし

コミッセールが前からやってきて『ちょい待ち!』と合図。

そう。見ていた方なら分かると思いますが、

私、パレードの最中にアタックをかました挙げ句、逃げまで作ってしまいました・・・・・・・

集団に戻った瞬間に皆に「間違えたー!!!!ごめんなさい!!」
っと謝りました。

かなり反省しながら、アタックを再び仕掛けて逃げを作ろうと考えるも、ポイントレースでも足をかなり使っていて動けない状態・・・・・

そんな中、初山が最後の展開でしっかり勝ち逃げに乗ってくれ

2位でゴール!!!!、

さらに!!

日本チームのチーム総合でも優勝となり、チームの地元埼玉県、さいたま新都心で参加した選手皆で表彰台に乗ることが出来ました!!

ほんとに、あんなたくさんの観客の前で今年も走れてとても嬉しかったです。

最初の早とちりアタックは全世界に放送されましたが、これも一生の思い出になるでしょう。

このメンバーで走るレースも残り一つ。

いろんな思い出が頭の中に浮かんで来ますが、とにかくチームブリヂストンアンカーで今シーズン最後のツールド沖縄、優勝できるようにベストを尽くして行きます。

J:COM presents 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

2016年10月28日

こんにちは!!

ジャパンカップサイクルロードレースも終わり、自転車熱が冷めようとしていますが……..

明日は

J:COM presents 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム!!!!

今年のツールドフランスで活躍した選手がさいたま新都心を駆け抜けます!!

もちろん!
僕たちチームブリヂストンアンカーも

全日本チャンピオンのSho Hatsuyama!
今年チームで1番の落車率 Ryu Suzuki!

亀パワー炸裂なるか?(知っている人は少ない?)
西園りょうた!

の四人で走ります。

そして何と言ってもテレビでの生中継が最高!!

Cycle*2016 J:COM presents 2016ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム

2016年10月29日(土)14:30~17:30 (生中継)
放送チャンネル:「J SPORTS 2」「J:COMテレビ」
現地解説:浅田顕、栗村修
実況:サッシャ
スタジオ解説:井上和郎
スタジオ進行:永田実

解説にかずおさんがいますね!

今日は前夜祭、もちろんさいたま新都心では練習難しいので、朝のうちに練習は終わらせて来ました。

この時期の沖縄、朝早いうちは風がほとんど無いので海上は凪。

SUPしたらきっと気持ち良いだろうな。
っと考えながら走っていました。

明日は現地で!
そしてテレビでの応援宜しくお願いします。

来シーズン!!!

2016年10月24日

2016~2017

いつも応援してくださる皆様へ報告があります!!

2014年から所属してきたチームブリヂストンアンカーから2017年、ニッポヴィーニファンティーニへ移籍する事が決定しました。

チームのオフィシャルサイトは
こちら

今、走っているレースとのレベルの違いは充分に分かっています。

2017年は最初からかなり厳しいシーズンになるでしょう。

今までとは違うレベル、そして環境。
この2つのキーワード!

自分を変えて行きたいと思っています。

日本のレースを走る機会は減りますが、いつも応援してくださる皆様。
ぜひこれからも応援してください!

と言いつつ!!!
2016シーズンは埼玉クリテリウム、ツールド沖縄が残っています。

残り僅か2レース。
特にツールド沖縄は今のチームメイトとは最後のレースになります。

かずおさんとの最後のレースでもありますし…..

笑いながら終わる為にも全力で準備して行きます!!!!

2016ジャパンカップサイクルロードレース!!

2016年10月21日

dsc_1901

いよいよ始まります!!

今年はこちらで生中継!!!!
https://abemafresh.tv/cycling/50031

今日、一足先にスタート地点に並んで来ました。
_20161021_160620

明日、明後日チームブリヂストンアンカーの応援宜しくお願いします(^^)

STUV9!!

2016年09月10日

北中城高校、自転車部の先輩の望月誉先輩がメンバーの一員のSTUV9!!!

5月頃、『ウッチーの応援ソング作っていい??』「はい!お願いします!」
っとかなり軽い会話から始まったこのプロジェクト。

まずはこちらから聞いてください

STUV9ペダル

曲を作るとこから始まったこのプロジェクト!
メンバーの皆さんには凄く感謝しています!

そして、先週LIVEがあったので僕も行ってきました。
_20160909_201746

まことさん、ななみさん、誉さん!

本当にありがとうございます。

1472900732164

開場を待つ列でふと後ろを見ると……
dsc_1441

なんと!
QAB毎週土曜日9時半放送、スパイスのMC!
デビッド シェーンさんがいました!
そして声までかけてくれてとても感激!!!
まさか後ろにいるなんて!

僕がスパイスに出た時には会えなかったので、残念に思っていたのでここで出会えたのは本当に嬉しかったんです。
この後、しっかりフェイスブックでお友達になりました。
ちなみに、MCのかなさんも写真のどこかにいるんで見つけてくださいね(^^)

STUV9の応援ぜひお願いしますねー!

そしてこの後、9時半からのQABスパイスもぜひチェック(^^)

知念分屯基地納涼祭

2016年09月09日

いつも沖縄にいる間、車をサポートして頂いているずけむら自動車販売さんのお家に遊びに行くと、『これから近くの基地の祭りに行くのー!行く?』っと誘っていただき、「行きます!!」

っと即答。

最初は奥さんと娘さんと三人で!

分屯基地に入ると、こんなものが!
_20160909_195837

_20160909_195908

_20160909_195934

ちょっと気になったこの車両。
_20160909_200047
隊員の方から車重などいろいろ説明を聞いて『いくらなの??』と聞く奥さん。
隊員『当ててみてください!』奥さん『重さが・・・・kで、それを支えるサスペンション….等等だから….
0000万円くらい!』
隊員さん『当たりです!』

さすが車屋さん!!

いろいろ話をしているうちに、8月の事を少し話したところ…
『あー!どこかで見たと思っていたんです!』
っということで!
記念撮影。
_20160909_200113

さらに、ずけむら自動車販売のお客さんの副司令官とも一緒に記念撮影。
_20160909_200010

さらにさらに!
この知念分屯基地の司令とも記念撮影。
received_1731309277115878

初めての自衛隊基地、訪問はいろいろ凄いことになってます。笑

その後も、最後の要とも言える。
_20160909_200139

を見て。

盆踊り鑑賞。

_20160909_200213

ここから沖縄県民ならではの現象が!
先ほどの盆踊り、人が少ない印象がありましたが、
エイサーが始まると!!
_20160909_200236

お、人が!
_20160909_200314

そしてカチャーシー
_20160909_200335

エイサー大好きなんです。笑

そして祭りも終わり。
_20160909_200414

隊員の皆さんが片付けしてました。

また行こう!

解団式当日

2016年08月26日

昨日のブログ、2つ更新したにも関わらず解団式については何も触れずに終えてしまいました。

お待たせです(汗)

解団式自体の時間は大体40分程。
その前にリハーサル等も予定されていたので9時に会場入り。

一通り通して、リハーサルはすぐに終了。

皆、こうゆう事には慣れているかスピーディー。
すぐに静かになりますし。

解団式が始まるまでは自由時間。

その際、NHKの中野アナウンサーが声をかけてくれました!!
FB_IMG_1472113659434
高校生の頃取材してもらい、それ以来の再会。
こうして再び会えるなんて!

そして同じ沖縄出身の糸数選手ともオリンピック選手村ではあまり会えず、ここで再び再会(^^)
1472215666718

っと大会前は出来なかった、いろんな人たちとの交流も
received_10205487311337097

自転車競技で参加できたのは僕、そしてMTBの山本幸平さん!、BMXの長迫吉拓くん!

普段なかなか会えないお二人にも会えてとてもよかった。

この時間もあっという間に過ぎ、解団式がスタート。
結団式と同じように凄く静かな中進む式典。そして国家斉唱。
心に強く響きましたね。表彰台で国家を歌えれるよう….

っと強く思いました。

会場の上も凄く綺麗だった。
上見た人いるかな?
_20160825_204655

全てが終わった後、皆着替えていたけど僕とこうへいさんは今日が最後だし!着たままで帰るかー!っと話して駅へ。
すごい注目度でしたが、これも良いかな?っと思いました。
フライトまで少し時間があったので大学卒業してからずーっと!お世話になっている吉岡さんと記念撮影しに恵比寿まで足を伸ばしました。
_20160826_215128

そして、沖縄行きのフライトへ搭乗。
機内Wi-fiを使用して(今なら15分間無料なんです)、FBを見ていると知り合いが飼っている犬の写真がすごーく!笑ってしまうほど可愛く、この感じを他の人にも感じてほしい!
と思い、まず隣の人を見ると熟睡。

そこでチーフパーサーに見てもらい、さらにはそれを聞いて『見せてください!』と後ろからもCAさんが来て、皆で『なんて可愛いいんでしょーー!!』っと笑いながら過ごして今までにない雰囲気のフライトを過ごさせていただきました。
Sibajyunnさん、素敵な写真ありがとうございました(^^)

今の時期の沖縄、最高ですねー(^^)

_20160826_215243

リオデジャネイロオリンピック 日本代表選手団解団式。

2016年08月25日

前回のブログ。

このフライトに乗る前、東京での予定は東京に住む知り合いとの昼食のみ。

しかしフライト中、機内wifiサービスを使ってFBを見ていると鹿屋体育大学の黒川監督が東京にいるのを発見。
すぐさま連絡を入れ昼過ぎに会えることに!

羽田到着後、東京駅へ向かい昼食。
普段来ることがないので、すごく新鮮。
_20160825_215512

沖縄の話、いろいろ楽しかった!

3時間があっという間に過ぎ、黒川監督と後輩に会いに六本木へ。
こちらも初めて行くところだったけど、外国人が多くまた違った東京を感じさせてくれるなー
っと自国の事もまだまだ全然知らないのを痛感。

こちらで向かったのはメルセデス・ベンツコネクション。

そう。ご存知の方も多いように知らない方も多いと思いますが、僕が卒業した鹿屋体育大学の自転車部にはメルセデス・ベンツ
からサポートを受けているのです。
僕が在学中、黒川監督が『なんとかチームカーのサポートを受けれないか…』とよく言っていたのを覚えています。
あの時の言葉がこうやって実現。
インカレの総合優勝も実現、黒川監督は本当に凄いし、それを実現させてきた部員も皆凄い。
とにかく…..

自分の身もたくさん削ってきた黒川監督にはこれから良い事がたくさんありますように。とちょびっと神様にお願いしました(^^)

そして始まった

新型「CLA」「CLAシューティングブレーク」の発表。
_20160825_205008
車のフォルムの美しさもなんとも言えなかったが、その性能を言葉で聞いてるだけで想像出来るプレゼンテーション。

凄く刺激的な時間を過ごさせて頂きました。

_20160825_205047

_20160825_204947

_20160825_204923

_20160825_205023

後輩のみんな!
黒川監督困らせちゃだめですよー(僕らのいた頃は、散々困らせてましたが…)
_20160825_205130

またまた長くなったので切ります…..

解団式はまた次回。(ごめんなさい)

リオデジャネイロオリンピック 日本選手団解団式。その前に!

2016年08月25日

received_10205487311337097

本日は日本選手団解団式!!

その前に少し日付を戻して….

月曜日(8/22)!
東京にいた皆さんなら今も思い出すであろうあの日。
僕も昼前に上尾から羽田空港へ向けて移動していました。
台風の影響が少しづつ出始める中、無事に羽田に到着。
予定していたフライトは午後3時。
その時間は明らかに飛べない….

それに乗れなくても最終便なら飛ぶだろう。と考えながらチェックインカウンターへ行くと
『本日はチケットのクラスに関係なくフライトの変更が可能です♪』さらに『12:30のフライト、乗れますよー♪』と
早く帰れる嬉しいご提案!!!
_20160825_205310

考えていたより凄く良い予定に変更出来たので、凄く助かりました。
羽田のグランドスタッフさん感謝(^^)
そして搭乗。
するといつもと少し違う。
_20160825_212442
あ!これはあの塗装の機体??
と感付き、近くにいたCAさんに聞くとやはりそう!
これ。
tm_MjAxNjAyMTBfjNyX1oNmg0qBW4OL

という流れでいろいろ話を聞いてもらい

降りるときに

_20160825_212507

頂きました(^^)

この日は台風の影響もあり、満席のフライト。とにかく忙しい時間が続いたにも関わらず、こうして応援メッセージを書いてくれて本当に嬉しかったです。

火曜日は家族と一緒に食事!
この日しか都合が合わなかったので、この為に帰っていたのが事実。
しかし、こうゆうのは大事にする!!
かなり良い時間でした(^^)

水曜日!!!
再び東京へ!

搭乗ゲートを通り、機体の前まで行くと…..扉にチーフパーサーが立っていたので
自分「おはようございます」、チーフパーサー『おはようございます』
同時に….「『あ!!!!」』
リオからの帰り、羽田→沖縄のフライトで一緒だった方と再会。

「あの時はありがとうございました!!」っとお礼。
そして隣にいたCAさんとも話すとまさかの沖縄出身!

この方も前回のフライト、乗っていたというまさかの展開。

今までこうやって再会するという事はなかったのでいろいろ驚きの連続のフライトとなりました。

…..

長くなりすぎたので….

ここで切ります。

ただいま沖縄!

2016年08月16日

エールフランス便で到着後、一応定刻通りなら最終便で沖縄に行くことは可能でした。

しかし、遅れてたりすると厳しい時間だったので羽田にて一泊(携帯が飛んで行ったハプニングでこれは正解でした)。

ところが、この日は山の日!
予約を入れようとした段階で夜の便しか空いてない!
いつもとにかくスピードを求めて駆け抜けることが多いので、これも良い。
ってことでギリギリまでホテルでゆっくりすることにしました。
朝食食べたとこでも大会の話をして盛り上がり、空港行きのバスでも隣に来た方が『応援してましたよー!』
っとかなり嬉しいお言葉!
いろいろ聞いてると、その方は海外にかなりの頻度で行ってる感じ。

そして空港に着いて、『日本航空B787の機長をしています。』っと!
飛行機好きな自分にはかなり嬉しい出会いでした(^^)

荷物も預け、搭乗まで5時間ほどの待ち時間。

久しぶりにANAのターミナルへ行ってみよー!
っとターミナル間連絡バスに乗ろうとすると、輪行バッグを担いだ女性が!
話しかけてみると、『北海道へツーリングへ行くんです』とトラブルなく良いツーリングになりますように!!
っと思いながら、お別れしました。

日本を発つ前にリオから帰って来たら「寿司食べる!」っと意気込んでいたのだけど、どっかへ行くのも少し気乗りがしなかったので、たまたま見つけた沼津魚がし鮨へ。

空港という場所柄、価格は高めでしたが、ネタも新鮮で大きくかなり満足でした(^^)
_20160816_211141
ふと周りを見渡すと、見覚えのあるポスターが!!
_20160816_204724

比嘉酒造さんの残波!!
こちらでもプロモーションをしてるのは知っていましたが、驚き。
となると….と思い店長さんの名前を見ると。

「あ、沖縄の人!」

ということでいろいろお話をさせて頂き、さらに周りにいたお客さん達も一緒になって良い時間を過ごさせて頂きました。
ANAのターミナルを使うときは是非行ってみてくださいね—–(^^)

こうやって楽しい時間を過ごしたおかげで時間通り搭乗、そして離陸。
那覇空港に到着し、荷物を受け取り外に出ると!!
13925133_1778052902476622_3555703579005909323_n

13886937_1778053002476612_5766945158919381027_n
たくさんの人に迎えてもらいました。

迎えに来てくれた皆さん、そして来れなくても応援してくださってくれていた皆さん。
ありがとうございました!

あ、移動用のこの服装、本来はYシャツではなく、ポロシャツなのですが、こっちも良いかな?と思い着ています。
きちっとしているので悪くはないですよね(^^)
13934744_1082021071878653_921152246339446145_n

翌日からトレーニングスタート
_20160812_203740
沖縄は暑くても海からの風が凄く気持ち良い。

_20160812_203619

明日からシマノ鈴鹿へ向けて上尾に行ってきます!
シマノ鈴鹿に参加される皆さん、サーキットでお会いしましょー!

帰国第一号?

2016年08月10日

選手村の滞在はおよそ1週間程、最初と比べるとだんだん食事の質が落ちていっているような気がしました。

特にブラジル料理のコーナーにある肉料理、来た時は「お!さすがブラジル。」と思いましたが、だんだん「あれ?」っという感じに。

作ってくれてる人も少し疲れているかもですね。
20160808_114023

日本人選手団では僕らが選手村を離れる第1号。
JOCのスタッフさんが空港でも手続きしてくださり、とても助かりました。

僕らのオリンピックは終わりましたが、トラック、MTB、BMXはまだまだこれから!
応援しましょう!

移動はまず、リオからシャルルドゴールへの10時間ちょっと。
ここでは時差ぼけ対策で寝ずに過ごし、シャルルドゴールに朝8時に到着。
羽田行きは同じ日の23時のフライト。
乗り継ぎ時間が10数時間あるので、ラウンジにてとにかく寝て寝て!過ごし、羽田行きのフライトに搭乗。
20160809_221740
エアウィーブのポータブルクッション、かなり良い!これならエコでもお尻の痛みが緩和されますねー!
ちなみにスーツケースはいつも自転車のシューズ、預け荷物紛失に備えいくつか服を入れてます。
このフライトはかなり久しぶりに窓際。
20160809_235133

そしてバルクヘッド(前壁、そしてその前がビジネスクラスこのキーワード忘れずに!)

20160809_225140

エールフランスの羽田線で使ってる機材はビジネス→エコノミー(ちょっと広い)→プレミアムエコノミー→エコノミー。
と不思議な配置。
乗った席はエコノミーながら窓が3つもあるという広さ。もしエールフランス乗るときがあれば、ここオススメです。
深夜便なのでミールサービスが終わった後、飲み物もらいに行くついでに日本人クルーに話をしに行くと、『是非後ろのクルーにも挨拶行きましょう!』っと!!
そして『写真も撮りましょう!!』っと海外の航空会社ならでは楽しさ!
20160810_100250

その後もビジネスクラスのアメニティ頂いたり、凄く嬉しく楽しいフライト。
外の景色も良い感じでしたし!
20160810_171049

20160810_171826
こうゆう深夜便の時は日よけを開けるタイミングは大事ですよね。
ちょうど開けて良さそうなタイミングでパチリ。
10時間のフライトもようやく終了。
羽田に着。
20160810_173100

とこの瞬間、膝の間に置いていた日本の携帯(Xperia)がブレーキの衝撃で前にフワッと…..
そして

20160810_222010

「ココ」の隙間にイン!!

周りの人も「マジか!!ストライク!」みたいな顔で苦笑。
自分も「すぐ取れるでしょー。」っと思ってましたが、甘かったです。

前がエコノミーの座席ならすぐに取れたはずですが、最初にも書いた通り

前はフルフラットのビジネスクラス。
結構奥まで「スルスルと滑ったらしく」全然見えない。

ロングフライトで疲れてるCAさんにも手伝ってもらうも全然見えず。

メカニックを呼んでもらい1時間後に無事に手元に戻ってきました。
多分、座席バラしたかもしれません。

迷惑かけてしまいました….

楽しくフライトを過ごさせて頂いたクルーの皆さん、ありがとうございました!

4年に1度の

2016年08月08日

外に出てレースを走り出せば、いつもと変わらない景色が広がる。
ただ4年に1度のオリンピック。各国が最も力を入れて望んできたレースを昨日走り終えました。
レース前日は国が選手のコンディション維持、UP、ケアの為に用意したハイパフォーマンスセンター(日本の秘密基地みたいな?)にてマッサージ、そして日本食を頂き、レースの為の調整を行いました。
ちなみに、この前日まではマッサーも選手村に入れたのですが、この日は開会式。
その為セキュリティーがかなり厳しくなり、入れない為に少し移動時間が必要ですが、こちらで調整。

しっかりマッサージも受けれ、食事も日本食(特に日本の米!)でカーボローディングをして準備完了。

レース当日
朝5時半に起き、朝食、そして7時に選手村をバスでスタート。警察の先導の元スタート地点へ。
いつもと同じとようにスタートの準備。

そして9時半にスタート。

出走人数は150人に満たないくらい。
そこまでは多くないが、慣れてない選手もいる為若干危ない…

最初の周回コース(短い急坂、石畳)に入る前に幸也さんと2人で石畳でのトラブル回避する為先頭付近へ。
悪くない位置で石畳へ突入。
と同時に前の選手がクラッシュ。普通の道路なら滑ってくるが、石畳は摩擦が凄まじいのか転がらない…
あれは痛そうだが、無事に回避。
そして2回目の石畳、この時前の選手がブレーキをかけたおかげで足を止めてしまい、チェーンが脱落。
そこから元に戻せなくなったのでストップ。

ちなみにチームカーの順番は28番。
遥か後方。
メカが素早く交換してくれたが、集団は遥か彼方….
こうなっても焦ると良い方向には行かないので、とにかく落ち着かせてよく考えて。
そうしてるうちに、無事復帰。

しばらく休みうちにこの周回を完了。
そこでチームカーへ補給の要請。

ところが、呼んでも全然来ない。
30台はいて、他の国も呼んでる為後ろはえらいことになってる。
前は自転車レース。後ろは車のレース状態。

10分ぐらいした後、無事に受け取り。
幸也さんにもボトルを渡し、メイングループで様子見。
2つ目の周回コースに入る前、最後の補給(周回コース入口に補給所はあるが、その前に取った方が色々メリットがある)!
しかし、順番が間に合わず諦めて周回コースへ向けての位置取り。
ここが1番大事な仕事!
自分の体力はどれだけ使おうが、幸也さんの体力の消耗を抑える&良い位置で周回コースへ突入させる為にメイングループの前へ。
無事に前へ送り届けて、集団から少し離れてしまったが、事前に行った高地トレーニングの効果がかなり良く、行けるとこまで行こう!と思っていたところでオランダの選手と絡んでしまい、クラッシュ。
頭を打ってしまい、少しフラッとしたおかげでかなり遅れをとってしまい、タイムアウトになり、一緒にいた選手たちをゴール地点へ。

幸也さんは最後の周まで粘ってくれ、27位でゴール。

初めてのオリンピック、いつもと違う選手村での生活はやはり体験して