ツールド熊野

2016年06月19日

FB_IMG_1466325720324
Photo by Hideaki Takagi.
まずは最終結果。
4日間走り総合は8位。

初日のプロローグは第1ステージから体が動くように走り、第1ステージは鈴木龍のアシストで終えました。
龍はステージ3位。
(翌日の第2ステージの下りでクラッシュ)
_20160619_211426

そして第2ステージ。
山岳コースのこのステージ、どうにか自分の長所を生かしてステージ優勝を!
っと考えてスタートし、5人のトップグループに入りエスケープ。

しかし、中盤で数人に追い付かれ、最後の登りで飛び出した二人、彼らを追走するのに力を使い果たしゴール。

そして最終ステージの今日!

スタートまでは雨は降っていなかったが、雨雲レーダーを細かくチェックし、荒れる予報を予想してたので、しっかりと雨対策をしてスタート。

ハイスピードで進む中、雨が降った時に備えて下りのコーナーをチェックしながら(無理な侵入角度でも滑りやすい場所を避ける、暗くなった時に備えて路面を記憶)周回をこなした。

ダミアンが6人でエスケープし、後ろのメイングループはTeam UKYOがコントロール。
そしてキナンが攻撃を繰り返しゴールまで距離を減らして行く。

予想通り、急速に天気が悪化するもしっかり準備したお陰で自分には好都合。
あちこち路面に川が出来る中、ラスト周回に入る前にキナンのマルコスがクラッシュ。
彼は前の周回、同じ所でコースアウトしかけてたので、「ああ、やはり…」っと思いましたが….

個人総合優勝するためにとにかく攻めてましたね。

あのスタイルは凄かった。
ちなみに地面に叩きつけられた瞬間。
川に落ちた音がしました。

そこで一気に割れた集団、運命の分かれ道でしたね。

最後の周は何故かリアタイヤがグリップしてくれず、ズリズリ滑ってましたが、自転車が言うこと聞いてくれて、何とか曲がってくれましたね。

ゴールはトマにアシストしてもらい6位でゴール。(3人に逃げ切れた)
_20160619_211350

OGKのエアロヘルメット、オークリーのジョウブレーカーは雨の日最高でした!!