この時期特有の花粉アレルギー。

2016年04月03日

先週のツールドノルマンディーから拠点まで帰り(月曜日)、木曜日から再びRoute Adélie Vitré UCI 1.1に参戦するため北に移動。

金曜日レース終了後拠点まで帰ってきて(深夜1時過ぎ)

そして今朝、この時期特有(去年から反応)の何かのアレルギーで鼻炎から喉を痛め少し調子を崩してしまいました。

2014年の夏に副鼻腔炎を発症してからというものの、鼻炎が起こると必ずと言ってもいいくらいこの症状に見舞われます。

ツールドノルマンディーでかなり追い込めた分、金曜のアデリーではかなり調子良い!!
と思っていたものの、レース終盤にかけて先頭付近を位置取る為にかなりの力を使ってしまい、残り20kで遅れてしまいました。
16日のレースに向けてとにかく走り回ってきます。

received_1710665589146167

Photo By Gwen Garot.

そして先週は立て続けにとても悲しい事故がありましたが、これも明日は我が身。
とはいえ他の車両はレースをする上でどれも必要。
DSC_0015
特に警察のモトは先行し、危険箇所を知らせてくれる安全を確保してくれる大事な仕事を受け持っています。

抜く時にスピードが速すぎるモトがいるのも事実ですが…..

一番記憶に残っているモトとの事故はツールドコリアを走っている時、パレード走行中に大型モト(ハーレー)が選手に追突。
そして観客を巻き込んだ事故。そして同じ日のレース終盤、アタック合戦で一列棒状になってるメイングループを追い抜こうとした大型モト(同じくハーレー)が高速でメイングループに突っ込み、酷い光景が広がったあの日。

金曜日のレースはすごく安全が確保されていると感じました。

とはいえこちらも頭に入れて走らなければなりませんね。

少し暗い雰囲気になってしまったので最後に再びこの風景!
IMG_2074
今思い出してもすごく綺麗なとこだったなーと。
とりあえず、花粉が早くなくなってくれないと!!