南イタリアへ!Day4.

2015年11月27日

沖縄からポンペイ。

シーズン中の移動とは比べものにならない程、無駄に時間をかけての移動。といっても移動する時間も大好きな自分にとっては最高の時間であった。

ポンペイ、最近ここを舞台にした映画があったなーと思いつつもここは滞在場所。漠然と立てていた予定はここを移動の拠点として第一の目標アマルフィー、第二はナポリ、第三は世界遺産のポンペイ遺跡。
翌日、天気を確認すると今日がアマルフィーへ行く最後のチャンス。という事で移動開始。
アマルフィーへはバスか船で行く手段が旅行者には人気のようだが、自分は車移動。
ホテルをスタートし、少し走ったとこでGoogle Mapsに目的地を入れるため駐車場に止まると、すぐさま職質…..

パスポートなど提出を求められ、差し出し普通に会話してると。カラビニエリ(軍警察)2人『今日はどちらへ?』『アマルフィーへ!』警官『一人で行くの?』『そう!』。と答えると警官は無言。
冗談で3人で行こうか?と言ってみれば良かった。

そうゆう事もありながら目的地へ移動。
ホテルのオーナーから教えてもらった通りに行くと、最高の景色。これが自分で移動する特権でしょう(^^)。

IMG_7312IMG_2001IMG_7313しかし、この道は狭い。とにかく狭い。そして皆、速い。おじいちゃんも速い。IMG_1995

IMG_2007おかげでアマルフィーに着いた時は、結構疲れていたが、それを帳消しにしてしまうほどここの景色は綺麗だった。

IMG_2018IMG_2012

IMG_7322IMG_2021IMG_7324IMG_2027IMG_2025IMG_2024IMG_2028IMG_2029街の中を探索し良さげなとこで昼食。せっかくだし、ここの地方のパスタであるシャラティエッリ、ソレント半島の名物ケーキ(デリツィア・アル・リモーネ)等を食べてみた。IMG_7302
IMG_7330
IMG_2036
どれも美味しく頂きましたとさ。

食べ終わるとすぐに街の外へ
やっぱり、街の外から見る景色の方が断然良い。

IMG_2014

ここへ車で来たいと思う方へのアドバイス。
運転に自信があり、綺麗な景色を見たいならば、ポンペイからSS366を通ってアマルフィーへアプローチすべし。
少し自信がないならば、SP1を通ってアプローチ。
そして一番大事なのはしっかり駐車場に止めること。
大丈夫だろう。止めとくとすぐにレッカーされてしまう。

IMG_7336

帰りの道(SP1)は来た道と比べると走り易い。海岸の景色を見なくても良いならここでも良いかも。

暗くなる前にホテルに無事到着し、ポンペイの中心まで散歩。2時間くらい歩いて、良さげなピッツェリアを発見。とりあえず4つの味が楽しめる4スタジオーニ。しかし・・・生地は最高なのにチーズが!!!。惜しい。IMG_2057

ピザ釜は良い感じだったのだが・・・IMG_7338
当たりの多いイタリアでもこうゆう事はある。でも店員さん達は明るく、楽しく会話してバイバイ。
どこでもそうだけど、イタリアは店に入る時、出る時ちゃんと挨拶すること!!それだけで仲良くなれる。

ホテルに帰り着き今日の疲れを取ろう!っという事で湯船に入って良い時間を過ごすも・・・
今日最大の事件発生。

湯船の栓を抜くとどうも何かおかしい。そう、気づかない内に排水溝のキャパをオーバーしてしまっていたのだ。

その間いろんな出来事があったのですぐに対処するまで時間がかかり、気付いた時には部屋まで浸水。
今日一日の疲れを吹き飛ばすつもりが、自分のミスで部屋まで浸水させてしまい、拭き取るために残っていた体力を使い果たし就寝。
おかげで朝までぐっすり眠る事が出来たのでこれはこれで良かったのか。
いや、良くないか。

Day4へと続く。