ベルギー4連戦(2戦目)

2017年08月30日

第2戦目
ドライヴェンクルス-オヴェライス

再び逃げのオーダーを受けてスタート!

今日はスタート地点が0km地点。

なのに、並ぶのが遅くなり真ん中からスタートとなってしまった。
このレベルでここから上がるのはかなり厳しい。

スタートと同時に一気にスピードが上がる。

狭い道、急な登りを越えると一列に伸びたメイン集団。
さらに狭い道に入り、石畳も加わった所で分断。

まだ7km地点。

こちらにもかなりの選手がいたので、すぐに追いついて前を見ると既に逃げグループが出来ていた。
いつもなら落ち着く集団だが、再び先ほどと同じ道に戻って来るとペースがどんどん上がる。

次は一応メイン集団でクリア。
さらにもう一度。

ここでは遅れてしまうが、他の選手と追いかけ合流。

次は別のコースへ。

ここではさらに厳しい石畳、登りが含まれていた。

まだあと90kmはあるのにだいぶ人数も減って来た。
走りやすくなって来たが、自分の足も怪しい…..

ここでチームメイトが落車。

他のチームメイトと共に復帰を手伝う。

無事にメイン集団へ戻した所で『ボトルを取って来てほしい』
とのお願いを受け、チームカーへ。

ボトルを取り彼の元へ戻って行く途中「結構足にきているな。」と強く感じる。
そこへやってきた登り!!!!

まさかのここで遅れてしまうという!(もらったボトルはまだ渡せてない!!)

かなりまずい

オーバーヒートになる前にペースを緩め、下りに入った所で再び全開!

なんとか追いつき、そのまま彼のいる位置まで踏み続ける!

ここで再び登りへ!!!!

あと1m!!!
もはやオーバーヒートなるまで踏み続けてしまえ!!

ここでなんとか追いつき、ギリギリ渡して!!!
自分はレースからグッバイ。

その時チームメイトから「水じゃなーい!!」

という無線の声が…..苦笑

すまん….

もはやどうしようもない…..
と思いながらメイン集団を見送った。