スロベニア②

2017年06月21日

いよいよやって来た今大会最難関ステージ!

最後は標高1400mまで登る頂上ゴールだ。

こうゆうステージこそ!逃げグループに入り先行したいとこだが、それは皆同じ。
激しいアタック合戦の末に数人が先行。

メイングループで様子を見ながら走って行くと、80k地点の登りで遅れてしまった….

「まずい….まだ半分しか来てないのに遅れるには早過ぎる」

監督『ちょっと遅れるには早いぞ!』

オールアウトにならないよう登っていくと、カベンディッシュのいるグループまで戻る事が出来た。

そこからはグルペット定番のハイスピードダウンヒル!

半端ないスピードで攻めまくる。笑

次の登りへ突入。
登りはペースでこなすのが、グルペット。

そして、再びハイスピードダウンヒル。

先程と同じように一列棒状でハイスピードコーナーをいつものように「あらよっ!」
っと曲がると…..

凄い勢いで地面に叩きつけられた。

滑る感覚も何もなく。
「ああ…これは砂利踏んじゃったか」

自分が転んだちょっと後に同じ転び方でまた一人クラッシュ。

自転車選手の変わった所は、すぐに立ち上がり走り出す所。

アドレナリンが出てるおかげ走れるんです(^^)

幸運な事に自転車にはほとんど損傷は無く、メイングループまで追いつけた。
追いついたと同時に再度登りに突入。

ドクターカーに傷口に水をかけてもらいながら、グルペットに合流。

そのグループで最後まで走り、最難関ステージをゴール。

レース後、夕食まではあまり痛みを感じなかったので、全然明日も行ける!

っと思えたのは寝る前までだった。

夜中に痛みで起き、ほとんど寝れずに朝を迎え朝食へ。

そこで、監督に昨夜の事を話して相談した結果、最終ステージはスタートしない事になった。

かなりのスピードでの落車だったので、やはり甘くは無かったか…..

とにかく今週末の選手権には調子が戻るように努めて行きたい。