ついにやってきたステージ5

2017年03月13日

17157429_1451509848206003_7971766046976707427_o
210km

5時間24分。
昨日よりは早く終わった。
一応昨日と同じくらい登ったんだけど….
17240455_697418397086849_8595338889245625899_o

今日のステージはスタートしてしばらくした後、地震に見舞われた地域を通過するとの情報。
17157846_697418477086841_3827175746532748464_o
そしてゴール地点は2011年、2012年の二年間滞在していたマルケ州!よく練習で通っていた街!

今日のチームオーダー
『とにかく耐えろ』以上。
数日前からこのステージの事は聞いていたが、この言葉を聞いて厳しいステージになると確信。

7kのパレード走行を終え、レースがスタート!!

スタートと同時にアタック合戦!
今日はいつもと違う!
皆、本気だ。今までは一発目のアタックで逃げが決まったが、今日は全然決まらない!
少しアタックに反応したものの、嫌な予感がして、メイングループの中で様子見。
カノラが四人でエスケープ。
ペースは上がったまま。
数人が合流し、ようやく落ち着いた。
とにかく速い!
登り基調なのに最初の20分は平均時速50km/h

逃げが決まった後もペースは緩めることなく進んでいく。
情報通り、地震に見舞われた地域を通過する際、崩れた家や建物が地震の恐ろしさを物語っていた。

ラスト110k。ここから逃げ集団との差がどんどん縮まっていく!
正直「このペースはやばい!」と思い始めて数分後。

メイングループから遅れてしまった!!!!!

とりあえず落ち着いて周りを見渡し、遠くにグルペットを発見。
そこまで上手く辿り着き、「誰がいるかな?」と見て見るとカベンデッシュがいた!
このグループなら何とかなる!

残り距離
90k

そこから皆でローション。
登りもまあまあなペース。
下りは全開。平坦は50km/h前後。

前から落ちて来る選手を拾いながら進んでいく、50人くらいいただろうか?

ラスト30kはかなり厳しい高低差だったが
17157774_697418503753505_4024523574932797900_o
※ラスト5kmの高低差。ここはラスト25kmでも通過する。

もはや疲れの感覚が飛んでしまい、足がクルクル回る。
そんな感覚の中、トップグループから遅れること26分でゴール。

チームに対して何が出来たか?というと、何も出来てないのが正直な所だが、
このステージを越えることで自分の何かが変わったと思う。

凄まじいスピードで進むこのカテゴリー、厳しさもあるが…..

走っていて最高に楽しい。

明日も頑張っていきますよ!!